GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅 [KUSHI+DANGO]
事業主体名
濱田 修
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
株式会社濱田建築事務所 (愛知県)
受賞番号
13G090844
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

建設地は、名古屋市東部の東山動植物園の近くにあり、敷地南部は名古屋大学と公園の緑地帯が多い閑静な住宅街に計画した。本計画はオーナーズルームと賃貸住宅4軒と一部アトリエが入った共同住宅のプログラムをもつ建物である。現在、一般的共同住宅は片廊下式住居が圧倒的に多い。片廊下式の問題点は、積み木を重ねただけでの単純造形であることで街並みを悪くし、住環境については、採光、通風は得られにくく、かつ近隣との騒音、振動の問題、また、隣人とのコミュニケーションが希薄な関係などの問題点が存在している。そこで、KUSHI(串)とDANGO(団子)の関係を利用し、それらの問題点を解決し、良好な住環境を提案する。

プロデューサー

株式会社濱田建築事務所 濱田修

ディレクター

株式会社濱田建築事務所 濱田修

デザイナー

株式会社濱田建築事務所 濱田修

利用開始
2012年6月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

愛知県名古屋市千種区園山町2-25

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

中庭を開放させること防犯対策につながり、また専用庭として利用してもいいことから入居者が自由に利用できる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

常に体触れる床材は無垢フローリングとすることで体になじみやすい設計とした。各住戸はコミュニケーションがとれるように“間”の空間となっている。オーナーズ住宅の構造も同様に家族間のコミュニケーションがとれるような間仕切りのない一体空間となっている。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

間口の狭い敷地においてもこのプログラムを計画することで、良好な住宅を提供することが可能となり、その結果、高収益ビジネスモデルとなっている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

中庭は近隣とのコミュニケーションを創出することが可能である。また社会にも開放されることで緑が街並みに潤いを与えるようにこの建築も街に潤いを与えている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

良好な街並みを形成する上で事業者や設計者が数字の上だけで設計するだけはなく、社会に目を向けたデザインが広がると良いと思う。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

愛知県名古屋市千種区園山町2-25
濱田建築事務所

審査委員の評価

オーナー住居と賃貸住戸群を、通常ならネガティブな印象を与えてしまうかもしれないバルコニーのデザインをもって串刺しにして、その名の通り串団子状とした外観のデザインが、シンプルながらとてもユニークである。地方都市におけるこのような賃貸住宅の佳品は、大いに奨励されるべきものであり、グッドデザイン賞の趣旨にふさわしいものとして評価された。

担当審査委員| 難波 和彦   篠原 聡子   手塚 由比   古谷 誠章  

ページトップへ