GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
個人住宅 [緑のカーテンの家  〜フィレット〜]
事業主体名
熊木英雄建築事務所株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
熊木英雄建築事務所株式会社 (東京都)
受賞番号
13G090836
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

建物コンセプトは「自然の作用を取り込む家」で、具体的には庭を介して室内に風を呼び込み、夏は緑のサンシェード(遮光)により室内温度上昇を防ぎ、冬は室内に光を取り込み暖かく持続できるような機能を持っています。そしてこの自然な作用によりファサードが変化できるデザインになっています。周辺地域配慮・既存敷地を尊重すること等を丁寧に読み解いた住宅として設計されています。

プロデューサー

熊木英雄建築事務所 代表 熊木英雄

ディレクター

熊木英雄建築事務所 代表 熊木英雄

デザイナー

熊木英雄建築事務所 代表 熊木英雄+間下建築設計室 代表 間下奈津子

詳細情報

http://kumakihideo.blogspot.jp/

利用開始
2013年4月
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

敷地やご希望に応じて計画調整・変容できます。

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

道路から玄関まではスロープでアプローチが構成されており、建物内部はバリアフリーで設計されています。また壁がカーブで構成されているため、子供などが壁に衝突しても怪我がし難くなっています。十分な光が入る明るいリビングは視力にとっても優しい光が入ってきます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

「外で食事できる」ということがこの住宅の生活スタイルを広げる1つであると言えます。通常夏は気温が高く直射も強いため、紫外線や日焼け・熱中症などを気にして外出は控えてしまいます。しかし、この住宅は緑のカーテンによるサンシェードがあるため、真夏でも外に出て気持ち良く過ごすことができ、美味しく食事ができるのです。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

住居における大胆な緑のカーテン(サンシェーデング)を普及させ、グリーンな仕組みによる住居環境の向上をアピールする一角となれます。また今後計画している屋上緑化やソーラーパネルなども含めグリーン住宅を普及させるきっかけなることができます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

社会を街並みとして置きかえると、緑を地域住民にアピールできる建ち方や近隣住居への日差しを考慮した平屋建て構成などが挙げられます。地球環境的視点からは、出来る限りの植栽によりヒートアイランド現象を抑え、また夏季の緑のカーテンによる室内環境を保全することで、空調機器による電気代を抑制することが実現しています。冬場は日差しがたっぷり注ぐため、空調機器はあまり使わないでも支障ありません。

ユーザー・社会に伝えたいこと

昨今、省エネできる住宅を考えている方が増えていると思います。人によっては我慢をして空調使用を控えたり、高額なエコ機器を導入する住宅もあります。私は無理をしないエコ住宅をお勧めします。まずは誰でもできることを実践し、緑のカーテンによる空間による生活の楽しみの一つとしてエコに関わっていけたら良いのではないでしょうか。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

熊木英雄建築事務所 Toda-Saitama Pref.
HIDEO KUMAKI ARCHITECT OFFICE
Domus Web, Italy
Design boom , Italy

審査委員の評価

家の半分を覆うように設計されている緑のカーテンが実に大胆で、気持ち良さそうである。夏は緑のカーテンにより日射を遮り、冬は思い切り日差しを取り込むことで、エコロジカルな住宅がさり気なく実現できているところを評価したい。省エネルギーは、大げさな仕掛けで達成されるよりも、自然と共に暮らす知恵を使ってさり気なく、楽しく実現されるべきものであると思う。

担当審査委員| 難波 和彦   篠原 聡子   手塚 由比   古谷 誠章  

ページトップへ