GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [あたらしい家 校倉]
事業主体名
伊佐ホームズ株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
伊佐ホームズ株式会社 (東京都)
受賞番号
13G090819
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「あたらしい家 校倉」は日本の「木」の文化や伝統を大切にしながら、住宅を構成する要素をシンプルにすることで、デザインや品質の向上とコストダウンを追求した家である。平面は4間(7.272m)角の4隅に1間×1.5間(1.818m×2.727m)のユニットを配置した正方形のプランに、玄関スペースが加わった形態である。内外装の仕上げ材に天然の木材を多く使用しながら、全ての工程において合理化を実現した。どのような町並みにも調和出来るよう、パネル化した杉板の外壁と方形の屋根で構成されたシンプルな外観となっている。

プロデューサー

伊佐ホームズ株式会社 代表取締役 伊佐 裕

詳細情報

http://www.isahomes.co.jp/azekura/index.html

発売
2013年2月
販売地域

日本国内向け

設置場所

福岡県福岡市城南区片江

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

外壁・軒裏に国産の杉無垢板、内装材の約50%にナラ・タモの無垢材を使用するなど、天然の木材を多く採用し、人間の五感に優しい仕上げとしている。木材から受ける温かみ、心地良さ、経年変化による味わいを楽しむ暮らし方が出来る家である。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

4間角の平面と4隅の自由性・可変性を有するユニットの構成により、様々な世代・家族のライフスタイルの変化に応えるプラン提案となっている。ユニット(設備、階段、収納、居室等)がつくる機能と取付け取り外し可能な内部建具の自由な組み合わせが、住まい手のアイデアにより個々の住まい方の発見を促す。家はその時々の住み手の暮らし方を受け止めながら変化し、次世代への継承を実現させる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

外壁の杉無垢板(最大長さ2m)は工場にてパネル化を行い、現場施工、管理の合理化を行っている。これはサイディング等従来の新建材を使用する住宅に比べて、国産材の活用を促し、また素材の質や職人の技術はそのままに、工期短縮とコスト削減を可能としている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

外観は、外壁・軒裏に国産材の杉無垢板を採用し、校倉造をイメージとした板張りとしている。これは国内の林業の活性化を促すとともに、森林資源の循環にも寄与するものである。

ユーザー・社会に伝えたいこと

伝統的建造物群保存地区に代表されるような日本の古い町並みの美しさに対し、現代の都市の町並みは木造住宅の良さや風合いが薄れているのではないだろうか。「あたらしい家 校倉」は木材本来の心地良さや意匠の美しさをもつ住宅であるとともに、性能や可変する間取りなど、現代の都市生活に即した住まい方を実現する住宅である。杉板の外観が新旧の町並みに建ち並び、永く住み継がれていくことを期待している。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

福岡県福岡市城南区西片江
伊佐ホームズ株式会社
伊佐ホームズ/あたらしい家 校倉

審査委員の評価

住宅を構成する部材やデザインモチーフなど、あらゆる面で単純化を追求することで結実した、正方形平面をもつ家の考え方が評価された。内外装に天然木材を用いて、単純な構成を無味乾燥に陥らせずに表情のあるデザインにまとめている点も注目される。

担当審査委員| 難波 和彦   篠原 聡子   手塚 由比   古谷 誠章  

ページトップへ