GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ものづくりデザイン賞

受賞対象名
刈り払い機用回転刃 [トミタディスク]
事業主体名
株式会社富田刃物
分類
公共のための機器・設備
受賞企業
株式会社富田刃物 (新潟県)
受賞番号
13G080768
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

生活様式の変化とともに、道路及び、地面に硬質石材を敷設してある状況(コンクリート・アスファルト・石畳など)が増えている。そこには経年により、汚泥や苔が溜まり雑草が生え、景観の美観を損なうとともに生活での危険性(交通安全面での見通しの阻害等)や敷設箇所の破壊(雑草の根の張り等)など、実害の発生している問題でもある。本商品は、そこに生える雑草の除草及び、汚泥や苔などの除去を可能とする汎用刈り払い機用刃である。

プロデューサー

株式会社富田刃物 常務取締役 富田博之

ディレクター

株式会社富田刃物 常務取締役 富田博之

デザイナー

株式会社富田刃物 常務取締役 富田博之

詳細情報

http://www.nisaku.co.jp/td/td.html

発売
2013年7月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

コンクリート面での除草や清掃作業は手作業であった、本品により機械を用いた作業となり大幅に簡略化することができる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

硬質石材施設面の美化により、交通安全面での見通しの阻害等の改善。雑草の根の張り等による硬質石材敷設箇所の破壊を防ぐ。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

弊社のある燕市で作られたステンレス素材の新たな使用法となる製品を、燕市のステンレス加工技術で製造可能とした。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

硬質石材で作られた構築物(インフラ等)の維持整備や保全。

ユーザー・社会に伝えたいこと

本製品によって、硬質石材施設面で構成された構造物(インフラ等)の整備保全などが円滑になることを望む。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ホームセンター
TOMITA DISC トミタディスク
ニイガタIDSデザインコンペティション2013【IDS大賞】
【トレたま】波の刃で切る!

審査委員の評価

草刈りなどに用いる刈り払い機に装着することで、固いコンクリート面にはびこる雑草や汚泥、苔などの除去ができる回転刃。いままで人の手でおこなっていた清掃作業を効率化することができた。同一用途のナイロンワイヤーを用いた刈り払い機とは異なり、小石などの飛び跳ねが少ないため、軽装で作業ができる。特筆すべきは刃の素材と独特の波形構造であり、摩耗しても連続的に波刃が現れ、使うほどに性能が研ぎすまされていく。前例のない大きさの極薄ステンレスバネのプレス加工、車部品の金型技術を転用した中心の保持板と刃物部の接合など、まさにこの燕地域の技術を結集した画期的な製品である。

担当審査委員| 山本 秀夫   廣田 尚子  

ページトップへ