GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
オフィスチェアー [プント]
事業主体名
コクヨファニチャー株式会社
分類
事務用品・機器
受賞企業
コクヨファニチャー株式会社 (大阪府)
受賞番号
13G080733
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

インテリア性を重視する多様なオフィス空間に調和するデザインと、包み込まれるような座り心地を両立したオフィスチェアー。座部は、骨盤を支える凹面を後部に設けたベースにクッション層を乗せ、座り姿勢が崩れる原因のひとつである腰の前ズレ防止し、安定した姿勢の保持と包み込み感の両立を実現した。また、空気の注入量を調節して着座する人の背骨形状に合わせることができ、力を分散しながらも常に一定の反発力を持つエアバッグを、背もたれ部に内蔵した「エアランバーサポート」付きタイプも用意した。背もたれと座面には、厚みのあるクッションを採用し、面形状を工夫することで包み込まれるような快適な座り心地を実現している。

デザイナー

コクヨファニチャー株式会社 デザイン室 大木一毅/チェアバリューチーム 上田伸行、奥一夫

詳細情報

http://www.kokuyo-furniture.co.jp/

発売
2013年2月20日
価格

76,335 ~ 115,920円 (消費税込)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

座部は、骨盤を支える凹面を後部に設けたベースにクッション層を乗せることで、安定した姿勢の保持と、包み込み感を両立。腰の前ズレを防止し、適切な体圧分散によって長時間作業も快適に行える。また、ランバーサポートにエアバッグを使用。サポート力と柔軟性を持つ空気の圧力で腰にフィットさせることで、背骨形状の個人差にも柔軟に対応。安定して腰をサポートする。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ウレタンクッションチェアーのデザイン性を向上させることで、メッシュチェアーがトレンドとなっているミドルクラス以上のクラスにおいて、ユーザーに新たな選択肢を提供。また、風合いのあるミックス調の色合いが特徴のハイグレードタイプと、シンプルでありながら厚みがあり、しっかりと織り上げたスタンダードタイプの2種の張り地を設定することで、空間デザイナーは回転イスを利用してオフィスデザインを演出することが可能。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

クッションを張り地で包んだ様なツートンカラーの構成は、背座のクッションの厚み感の軽減に貢献し、表層の張り地の存在や質感も引き立たせることで、空間デザインの新しい可能性を導くデザインとした。座り心地と言う機能とデザインの両立により、会議室やラウンジ、店舗などの空間にも調和し、これまで執務空間でしか得られなかった回転イスの座り心地を、体感することが可能となった。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

快適な座り心地と、個人の体格差に対応することで、ワーカーの身体的負担を軽減し、最良なオフィス環境を提供する。また、再生材料の使用や、梱包の効率化、分別廃棄可能な設計など、環境負荷の低減に努めている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

80年代、それまで主流だった、単純な二次曲面のクッション形状から、金型で成形した三次元形状のモールドウレタンの回転イスが誕生し、約30年が経ちました。飛躍的な技術革新はありませんが、クッション形状の工夫や、エアランバーサポートとの組合せにより、座り心地のさらなる進化を実現することができました。外観形状も張り地が引き立つデザインを採用し、空間デザイン、コーディネートのさらなる可能性が広がります。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

コクヨ株式会社 品川ショールーム・大阪ショールーム
PUNTO商品ホームページ

審査委員の評価

ウレタン素材を使用したオフィスチェアーながら、スッキリとしたデザインである。包まれるような座り心地と、多くの人の身体にフィットする調整機能のバランスが良く考えられている。質感とフォルムも美しく、オフィス製品というよりも家具としての「らしさ」がある。

担当審査委員| 柴田 文江   小林 昭世   佐々木 千穂   和田 達也  

ページトップへ