GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ミーティングチェア [ツァルト]
事業主体名
株式会社岡村製作所
分類
事務用品・機器
受賞企業
株式会社岡村製作所 (神奈川県)
受賞番号
13G080731
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「ツァルト」は、オフィスの会議室や大型セミナールームなどで使用するミーティングチェア。座面と背もたれにクッション性のある新規開発した3層立体構造のメッシュ素材を採用し、ソフトな座り心地を実現した。また、独自のフレーム構造が身体にフィットする3次元曲面を創り出し、体の各部に求められる適切な支持力を提供し、長時間の使用でも疲れにくい座り心地を提供する。

プロデューサー

株式会社岡村製作所 マーケティング本部オフィス製品部 高橋卓也

デザイナー

株式会社岡村製作所 デザイン本部製品デザイン部 早乙女弘志

詳細情報

http://www.okamura.co.jp/product/seating/zart/

発売
2011年3月
価格

29,500 ~ 90,400円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

背と座の独自なフレーム構造と、新規開発したクッション性を備えた「3層立体構造」のメッシュ素材が、体の部位ごとに求められる支持力と、体にフィットする3次曲面を生み出す。さらに座面前端裏側の樹脂製パーツがメッシュの沈み込みを防ぎ、大腿部にかかる圧力を軽減する。これらの効果が、背中のS字カーブを好ましい形に保持した疲れにくい安定姿勢を生み出す。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

使用環境に応じて、脚のバリエーションを選べる。たくさん並べて使用するシーンではクローズ脚を、フリーアドレスオフィスでは座面高さを調節できる5本脚タイプを使用。いずれのタイプも海外の厳しい強度基準(BIFMA)をクリアし、優れた耐久性・堅牢性を実現。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

メッシュと樹脂フレームを一体で成型したミーティングチェアは既にあるが、メッシュのテンションが強すぎて、フィット感が得らない。そこでメッシュそのものの弾性を挙げるために弾性糸を織り込み、さらにクッション性のある3層立体構造の厚みのあるメッシュを独自開発。これにより適度な弾力性が得られ、身体にフィットする3次曲面を創り出す独自のフレーム構造との相乗効果で、快適な座り心地を提供する。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

背、座、脚の基本部材で構成され、各部材は一般的な工具で単一素材まで分解が可能。パーツごとに交換がきるため、製品をより長く使えるロングライフ設計。また、椅子本体の強度は海外の厳しい強度基準(BIFMA)にも適合し、耐久性・堅牢性に優れている。さらに、室内環境保護の観点から、化学物質排出量の少ない製品を認定する室内大気品質基準である米国の「GREENGUARD認定」を取得している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

構造部材を徹底的に簡素化すると共に、その部材の機能を最大限に活かす工夫を造形的に施し、スリムでスタンダードデザインのフォルムに上質感を加えて高い機能性と座り心地を実現した。ツァルトのシンプルなスタイリングとソフトな座り心地を体感してください。海外でも高い評価を受けており、ドイツのでIFデザイン賞を受賞した。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

当社常設ショールームにて展示(東京、大阪、名古屋、福岡)
ショールーム

審査委員の評価

メッシュと樹脂フレームが一体成型されており、シームレスな造形が美しく、座り心地も非常に良い。座面と足のバランス、肘掛けの造形など、ひとつのイメージでつらぬかれている。軽やかで精緻な印象のデザインは、連続して並べられた状況でも、椅子と場との調和をもたらすと思う。

担当審査委員| 柴田 文江   小林 昭世   佐々木 千穂   和田 達也  

ページトップへ