GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
デジタル複合機 [RICOH MP C8002SP/C6502SP, RICOH Pro C5110S/C5100S]
事業主体名
株式会社リコー
分類
事務用品・機器
受賞企業
株式会社リコー (東京都)
受賞番号
13G080728
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

■オフィスのセンターマシンとして、かつプロニーズの商用印刷機として、生産性と使いやすさを進化させ、業務効率向上/クラウド連携/環境負荷低減も実現したハイエンドカラー複合機シリーズ。■自社カラー複合機最速のA4ヨコ毎分80枚出力、毎分220枚読み取り。■コピー書き込み時1200dpi×4800dpiの高画質。■紙詰まりしにくい用紙搬送経路と引き出しユニットの採用、用紙除去手順が判りやすい誘導LED。

プロデューサー

株式会社リコー 画像システム開発本部 朝田 賢一郎

ディレクター

株式会社リコー プロセスイノベーション本部 総合デザインセンター 星村 隆史

デザイナー

株式会社リコー プロセスイノベーション本部 総合デザインセンター 宗像 孝、堀口 滋、勝山 悟朗、長野 修司

詳細情報

http://www.ricoh.co.jp/mfp/mp_c/8002_6502/

発売
2013年5月9日
価格

3,120,000 ~ 6,180,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

■車椅子の方にも操作しやすい直立型操作パネル■作業台として活用できるフラットな天板。■紙詰まり処理時の手間を減らすダイレクトオープン引き出しユニットと誘導LED■上肢障がい者にも操作しやすい上下で握れる給紙トレイ取手■給紙中のトレイが一目で分かるアクティブトレイLED■「電子マニュアル読み上げソフト」「簡単画面での大サイズフォント」「カラーユニバーサルデザイン」などの各種アクセシビリティー対応

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

■用紙削減率などのeco指数を可視化して環境負荷低減を促すインフォメーション画面などにより、本商品を購入して使用することで積極的に環境負荷を低減する社会貢献=エコ活動に参画できる。■グレー基調のモノトーンカラーの採用により、「機器から遠く離れた状態において、設置環境に調和した外観印象性」「使用するために機器に接近した状態において、暗色を施した操作領域への集中による快適な操作性」を提供する。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

■地球環境を考慮し、植物由来樹脂の採用や、事務機業界で初めて、鉄スクラップを100%原料とする電炉鋼板を事務機に採用し資源の有効利用に貢献。また、電炉で作られる鋼板は、高炉と比べ製造に使われるエネルギーが少ないため環境負荷も低い。この電炉鋼板は、東京製鐵株式会社との共同開発により、印刷機器に求められる薄板化や電気伝導性、加工性などの性能/品質を確立することで採用が可能となった。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

■未使用箇所の電力セーブなど通電制御による消費電力低減。■インフォメーション画面など可視化による環境負荷低減。■植物由来のバイオマス樹脂を原料とした一部外装部品によるCO2排出削減。■「鉄スクラップを原料とした電炉鋼板」「電子マニュアル」など省資源による環境負荷低減。■「国際エネルギースタープログラム」「グリーン購入法」「エコマーク」「RoHS指令(環境影響化学物質削減)」など各種環境基準に適合。

ユーザー・社会に伝えたいこと

ダウンタイムを減らし、高い生産性を実現するため、従来機で詰まりやすく除去しにくかった高速機の用紙搬送経路をシンプルなダイレクトオープン引き出しユニットにしつつ、各部へ誘導LEDを追加して紙詰まり箇所を順次示すことで、用紙ちぎれ残りも防止する新たな操作作法をデザインできると考えました。商用印刷ニーズにも対応できるセンターマシンに相応しい、信頼されて長くご使用して頂ける製品の提供を目指しています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

リコージャパン株式会社
リコージャパン株式会社
RICOH MP C8002/C6502
RICOH Pro C5110S/C5100S

審査委員の評価

紙つまり処理やトナー交換などのため、内部をあけて処理することがダイレクトオープン引き出しユニットの導入により改善され、この機構が、アニメーションガイダンスにより、より効果的になっている点が評価された。使用時のトナー交換、紙の補給、紙送り経路の改善による紙づまり低減、などなど、操作、維持管理にわたって、デジタル複合機の専門的な使用の立場からの改善が図られている。

担当審査委員| 柴田 文江   小林 昭世   佐々木 千穂   和田 達也  

ページトップへ