GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
モノクロレーザープリンタシリーズ [HL-1110 / DCP-1510 / MFC-1810]
事業主体名
ブラザー工業株式会社
分類
事務用品・機器
受賞企業
ブラザー工業株式会社 (愛知県)
受賞番号
13G080720
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本モノクロレーザープリンタ・複合機は主にBRICsを中心とした今後発展が見込める国や地域をターゲットとした低価格戦略製品である。低価格を実現しながらも、印字速度20枚/分、PAPER JAMが他社に比べて格段に起きにくい機構を採用するなど、ハードユースにも耐えうる品質をコンパクトなボディにパッケージングした。排紙部、操作部はボディーの色を変え機能の視覚化を図り、機能を明快にした造形となっている。

プロデューサー

ブラザー工業株式会社

ディレクター

ブラザー工業株式会社 総合デザイン部 山口保武

デザイナー

ブラザー工業株式会社 総合デザイン部 岩井信之、鈴木二朗、関雄作、吉志勲、中川恵里奈

発売
2013年7月
販売地域

国外市場向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

フロントオペレーション実現により、消耗品交換時や紙詰まり対処時などには、マシンを動かすことなく製品手前から容易にアクセスすることができ、ユーザー本人が容易に製品メンテナンスを行う事ができる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

BRICs地域の使用環境において最適な機能・品質を有するプリンタ・複合機をユーザーの手に入れやすい価格で提供する事で、ビジネスにおけるスタートアップ費用低減に貢献し、生活者のワークスタイルの幅を広げる事が期待される。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

BRICs地域におけるSOHOやSMBのワークスタイルを支援する製品を提供する事で、ビジネスの裾野を広げ更なる産業発展に貢献する。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

生活者のワークスタイルの選択肢を増やす事で、より活気ある豊かな社会と経済発展を支援することが出来る。

ユーザー・社会に伝えたいこと

新興国における使用シーン、環境における製品の佇まいを考慮し、機能に誠実で適正なデザインを目指しました。初めてプリンタを所有していただくことが多い新興国のお客様に対して、驚きや感動といった経験価値、JAPAN DESIGNの素晴らしさを伝えることが出来ればと考えています。

審査委員の評価

無駄がなくシンプルだが、使い易そうな印象のある親和性の高いデザインである。シリーズを通している造形言語も明快なので、ユーザーが機能性を比較検討し易く選びやすいと感じた。低価格なモノクロレーザープリンターの市場にふさわしく、全体感をしつらえているところを評価した。

担当審査委員| 柴田 文江   小林 昭世   佐々木 千穂   和田 達也  

ページトップへ