GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
B-TAO システム [B-TAO 知的情報管理システム]
事業主体名
有限会社加納
分類
事務用品・機器
受賞企業
有限会社加納 (東京都)
受賞番号
13G080699
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

B-TAOシステムは、故・梅棹忠夫先生が「知的生産の技術」で提唱されたB6カードを発展・洗練させ、より柔軟かつ広範囲に使用できるようにした手書きカードシステムです。情報のデジタル化、クラウド化によって世界中にあふれかえるデータの中から本当に必要なものを拾い出し、カード化し、新しい着想を得ることがその目的です。このため用紙は日本語を手書きした場合の一行の長さ、紙の面積、ファイリングや「繰る」動作のしやすさに最適化し、ストレスのない作業のための周辺パーツや、将来においても絶対に供給を絶やさない体制などにも意を用いています。

プロデューサー

渡辺一弘

ディレクター

渡辺一弘

デザイナー

渡辺一弘

詳細情報

http://b-tao.jp/

発売
2009年6月
価格

315 ~ 19,950円

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都渋谷区神宮前2-4-20

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

イメージ、アイデアを表現するというのは、極めて感性に近い行為です。このためのツールとして現在のデジタル機器が最適でしょうか。結局はダイレクトに指の感覚が伝わる「手書き」が、よりよいイメージ、アイデアを表現するために最適の方法と考えます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ほんのわずかなストレスに無意識が反応する感性の世界。機能的には非常に優れているにも関わらず、受け入れられなかった道具は沢山あるはず。本来の目的だけでなく、それを支える一連の周辺ツールまでトータルにデザインされたシステムは、日々のワーキングをストレスフリーにし、作業時間を短縮させます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

このようなシステムは多数提案され、販売されています。が、販売量が落ち、利益が出にくくなると切り捨てられ販売中止になるものも多く見受けられます。ユーザーコンシャスな立場から、弊社は弊社が存続する限り、このシステム器財を社会に供給し続けます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

継続にコストのかかるデザインは持続が困難なため、合理性を極限まで追求し、極めて小ロットでも生産が可能な無駄のないシステムとなっています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

デジタル情報が氾濫する現代社会においても、知的情報の根源となる「発想」を記録、蓄積、利用するには、手書きに勝るものはありません。「B-TAOシステム」は、40年以上もベストセラーを続ける、故・梅棹忠夫先生が「知的生産の技術」で提唱されているB6カードを洗練させ、より広範囲に利用できるようにした手書き情報システムです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

B-TAOウエブショップ
B-TAO

審査委員の評価

定番だと思っていた製品が望まないモデルチェンジをしたり、いつの間にか廃番になっていたり、アナログからデジタルに移行してしまったり…めまぐるしく「新しいもの」が「古いもの」になり、私たちも「なくなってしまったなら仕方ない」と受け入れることに慣れてしまっているのではないだろうか。このカードシステムは、以前は多くの人々に馴染みのあったフォーマットを、情報化社会に最適化しつつ、人々の記憶にある使い勝手は大切に残した点が高く評価された。必要とする人が一人でもいる限り、将来的にも使い続けることができる体制を整えていることからも、優れた文化を守っていきたいという作り手の思いや姿勢がうかがえる。

担当審査委員| 柴田 文江   小林 昭世   佐々木 千穂   和田 達也  

ページトップへ