GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
医療用医薬品 [エンブレル 皮下注50mgペン1.0mL]
事業主体名
ファイザー株式会社
分類
研究・教育・医療のための機器・設備
受賞企業
ファイザー株式会社 (東京都)
受賞番号
13G070660
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

エンブレルペンは、ペンの最上部にあるボタンをワンクリックするだけで簡単に投与でき、患者さんの利便性を更に向上させた製剤である。注射時に針を見ることなく投与できるため、針への恐怖心による精神的負担の軽減にもつながる。同時に、投与後の針刺し防止機能もついており、感染症等のリスクの軽減も見込まれる。

プロデューサー

スカンジナビアンヘルス社

ディレクター

スカンジナビアンヘルス社

デザイナー

スカンジナビアンヘルス社

発売
2013年6月10日
販売地域

日本国内向け

設置場所

全国の保険診療医療機関

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

肢体不自由のある関節リウマチ患者においても治療に必要な薬剤全量を皮下投与に適した穿刺深さに確実に投与できる。また針が見えない設計のため注射に対する恐怖感及び針への汚染を軽減できる。さらに投与後は注射針カバーが固定され針刺し事故を防止できる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

自宅における自己投与が可能であるため、通院に伴う身体的、時間的制約を低減し、患者のクオリティ・オブ・ライフの向上に寄与できる。また家族による投与も可能である。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

意図しない投与に対するロック機能を有し、ペン型製剤を皮膚に押し付けない状態で、誤って注射ボタンを押した場合は薬液が投与されない。また注射操作を、注射の開始及び終了を知らせるクリック音、薬剤窓部の色調変化により聴覚的、視覚的に確認することができる。さらに使用済みのペンの再使用防止機能も有する。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

このペン型製剤は、周りの人から見られても注射器に見えない設計である。周りの目を気にすることなく、外出先(旅行先)でも自己注射する際の配慮が軽減できる。40代女性に発症のピークがあり、主婦層患者も多く存在し、家庭内の自己注射も安全に行え、社会生活を制限されることが軽減される。

審査委員の評価

肢体に不自由のある関節リウマチ患者でも安全に操作できるよう、ワンクリックするだけで薬液が注入できる動力式注入式のペン型自己注射である。注射針が見えないため、穿刺時の視覚的な恐怖が薄れ、痛みを和らげる効果が期待できる。また、投与後の針刺し事故を防止できるなど、理に適った構造となっている。関節リウマチ患者にとっては、やや繊細な本体キャップの外しづらさが懸念されるが、包装トレイにキャップ外し機能を備えており、使い勝手への細やかな配慮も評価したい。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   村上 存  

ページトップへ