GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ベルトコンベヤ [平ベルトコンベヤ SVシリーズ]
事業主体名
FA組立標準品事業部
分類
開発、生産、製造のための機器・設備
受賞企業
株式会社ミスミ (東京都)
受賞番号
13G070649
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

産業系機械は機能、コストが最重要視され、コスト高となりがちなデザイン性が軽視されてきた中で、コンセプトから見つめ直し、構造合理化による組立簡易性とメンテナンス性の改善、コスト削減と併せて、「デザイン性」を新たな商品価値として提供することを目指したFA向け平ベルトコンベヤ・SVシリーズです。構造合理化を図ることで、従来品総パーツ種類40に対し34と約15%の削減に成功しました。パーツ構成をよりシンプル化したことで、メンテナンス性も改善され、従来ベルト交換に7分を要していたものを3分に短縮と43%削減しています。これら構造合理化により従来仕入れ価格に対し63%のコストダウンを実現しています。

プロデューサー

株式会社ミスミ FA企業体 FA組立標準品SBU FA組立標準品事業部 事業統括ディレクター 中才 悦夫、村山 史香

ディレクター

株式会社ハーズ実験デザイン研究所 代表取締役 ムラタ・チアキ

デザイナー

株式会社ハーズ実験デザイン研究所 チーフデザイナー 和田 真吾

詳細情報

http://jp.misumi-ec.com/maker/misumi/mech/product/cvs/

発売
2011年8月1日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

一般的なベルトコンベヤと比較し、フレームからモーターカバーに至るまでアルミ材を積極的に採用し、同能力を保持する類似製品に比べ、軽量で設置がしやすい点で優れています。また、従来品に比べ、タイミングベルトの交換性を向上させ、従来ベルト交換に7分を必要していたものを3分に短縮と43%の削減を実現しました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

今回のSVシリーズでは、構造合理化を図ることで、従来品総パーツ種類40に対し34と約15%減らすことに成功しました。パーツ構成をよりシンプルに合理化したことで、部材管理のし易さや組立性の向上による低コスト化(従来仕入れ価格に対し63%のコストダウン)の実現と共に、メンテナンス性も大きく改善されています。また、欧州CE規制にも対応しており、危機管理面での商品性能を十分に保持しています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

デザイン性を軽視しがちな産業機械の業界において新たな価値基準の提供を試みました。低価格ということ以外に「デザイン」での顧客感応度を高めることに成功しており、産業全体の価値向上に寄与しています。弊社においても、今後の他の製品開発におけるデザイン導入の先駆的位置付の商品になると考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来品ではフレームのみに使われていたアルミ材をモーターカバーにも採用しました。アルミ材はリサイクル性に優れ、軽いため、輸送時の省エネルギー化、CO2排出量の軽減などサスティナブル社会の実現に貢献しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

工場のイメージを変えたいと考えています。日本のものづくりが高付加価値化しなければいけないのは自明の理です。より高い付加価値を生み出す為には従来どおりの汚い工場ではアジア諸国に喰われます。工場のラインを構成する市販品で一番大きな面積を占めることが多いのがコンベヤです。そのコンベヤ市場にデザイン要素を投入し、市場をとっていくことが長期的視点で日本のものづくりに貢献していけるものと信じています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社ミスミ FA用メカニカル標準部品カタログ
misumi-VONA e-Catalog

審査委員の評価

構造の合理化と共に、コストダウンと高いメンテナンス性を実現した設計努力をまず評価したい。アルミ材を使った外観は、無駄がなく機能的な美しさを表現していると共に、本体の軽量化にも一役買っている。高い品質を持った日本のモノづくりを、まさに縁の下で支えてくれるような信頼感を感じさせる製品である。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   村上 存  

ページトップへ