GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
回路計 [デジタルマルチメータシリーズ DT4200s]
事業主体名
日置電機株式会社
分類
開発、生産、製造のための機器・設備
受賞企業
日置電機株式会社 (長野県)
受賞番号
13G070646
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

電気設備の施工、保守点検から研究開発に至るまで様々な電気測定の現場で使われるデジタルマルチメータを、自社開発にて完全リニューアル。製品コンセプトは「プロの仕事をスピーディーに」。プロユーザの測定作業スピードUPを目標に、世界最高水準の応答速度と高い安全性を実現した、クラス別3シリーズ計7機種をラインナップ。DT4220sは、コンパクトボディでありながらCATⅣ300V/CATⅢ600Vの安全性。DT4250sは、1アクション操作に徹したシンプルなユーザインターフェース。DT4280sは、高確度測定に特化。誤結線を防止するファンクション完全連動式の測定端子シャッター構造が特徴。

デザイナー

日置電機株式会社 技術部 開発推進課 デザイングループ シニアデザイナー 尾沼誠司

詳細情報

http://www.hioki.co.jp/

発売
2013年5月31日
価格

15,000 ~ 54,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

○全機種大画面と表示バックライトで視認性を高め、暗所での使用を容易にする ○1ファンクション1機能のシンプルで明瞭な操作性(DT4250s, DT4220s) ○サイズ、グリップのホールド感をシリーズ毎に最適化し、用途に合わせた使い心地を提供 ○スタンド、プローブホルダに加えてマグネットストラップをはじめとする豊富なオプション類を用意し、両手作業や特殊用途に対応

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

○ロータリースイッチ完全連動式の測定端子シャッター構造で、誤操作による感電事故や短絡事故を防止(DT4280s) ○電流測定を必要としない現場での使用を想定したモデルには、電流端子自体を設けない事で誤接続による事故を未然に防ぐ(DT4251) ○単4電池1本で連続40時間使用可能な省電力設計(DT4220s) ○きめ細かなラインナップで用途別に最適な機種が選択できる

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

○高い耐ノイズ性能で、インバータ搭載機器の保守点検など過酷なノイズ環境でも安定した測定結果が得られる ○交流と直流が混在した信号測定に便利な、交直自動判別のAUTO V機能(DT4221,DT4251,DT4253)や、交直流の合成実効値を求めるDC+ACV機能(DT4280s)の搭載で、EVや太陽光発電の普及に対応 ○PCへのデータ取込み機能(DT4280s,DT4250sにオプション)

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

○ハンディのデジタルマルチメータとして最高速の応答速度や、高い耐衝撃性能および安全設計などにより、長く快適に安心して使い続ける事ができるため、ユーザの頻繁な買い替えを抑える ○さまざまな測定用途に対応した豊富なラインナップを全て自社で開発および生産する事で、国内外の計測市場においてメイドインジャパンの信頼性と快適な使い勝手を同様に提供できる

ユーザー・社会に伝えたいこと

電気設備の信頼性確保は、より安全でより便利な社会の発展に繋がる。電気計測の基本ツールであるデジタルマルチメータDT4200sを通じて、多くの人々の暮らしに貢献したい。商品コンセプト「プロの仕事をスピーディーに」の具現化による作業の高効率化が仕事時間の短縮に寄与し、結果としてユーザのワークライフバランス実現への一助となれば嬉しく思う。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日置電機株式会社
電気計測器 日置電機株式会社 HIOKI E.E. CORPORATION

審査委員の評価

本製品は、さまざまな電気測定の現場で使用されるデジタルマルチメータである。ユーザ調査の結果、テストプローブを装着したままリード線を本体に巻きつけて収納するという実際の使われ方をふまえ、上下左右にくびれを設け縦横いずれにもリード線を巻きやすくした本体フォルムは、単なる箱型でない持ちやすさ、外観のスマートさももたらしている。機能を選択するロータリースイッチに連動した、シャッターで使用しない測定端子を閉じて誤操作による感電事故や短絡事故を防止する。片手で保持できる小型機種は片手操作可能なロータリースイッチ形状とするなど、多くの工夫が取り入れられている。デジタルマルチメータという、広く普及した一般的な測定装置であっても、まだまだ工夫の余地が残っていることを示した、優れたデザインであると評価した。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   村上 存  

ページトップへ