GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
近接センサ [小型円柱型近接センサ 形E2E]
事業主体名
オムロン株式会社
分類
開発、生産、製造のための機器・設備
受賞企業
オムロン株式会社 (京都府)
受賞番号
13G070633
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

直径φ3〜φ6.5までの10形状において、グローバルのユーザビリティ向上を念頭においた小型近接センサの開発・発売テーマです。具体的なユーザビリティ向上策として、以下のポイントを実現しました。4つの動作表示灯の搭載による視認性の向上、検出距離の改善による設置・調整の簡易化、電気的保護回路の強化によるミスユースの未然防止、7ヶ国語をカバーした説明書

プロデューサー

オムロン株式会社 産業機器統轄事業部 汎用センサ事業部 事業推進部 松井滋

ディレクター

オムロン株式会社 産業機器統轄事業部 汎用センサ事業部 開発部1課 林裕介

デザイナー

オムロン株式会社 産業機器統轄事業部 汎用センサ事業部 開発部 青木徹、弓削純次郎

詳細情報

http://www.fa.omron.co.jp/products/family/3181/

発売
2013年4月1日
価格

7,000 ~ 12,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

国内外製造業の生産工場向け商品

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

小型センサは、産業用設備の狭い場所、奥まった場所に設置されることが多く、作業者が、狭い場所で身をかがめたり、センサの設置・調整・モニタリングをする事が多くありました。この商品では、検出距離の長距離化による設置や調整の簡易化、美しく見やすい表示灯による遠方からの視認性向上、等により、作業者の身体的負担軽減に貢献します。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

前述のように、高性能・高密度化していくスマートフォンやモバイルタブレット等の製造工程の中で使用されるセンサです。製造工程を通じて、これら消費財の品質維持・向上や適正な価格維持に貢献します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来の小型センサは、誤配線等で内部回路が破壊されることが多くありました。今後、更に製造拠点がグローバル化される将来においては、言語のミスコミュニケーションから発生するミスユースの増加も懸念されます状況にあると考えます。この商品では、電気的な保護回路を強化することで、このようなミスユースの予防によりトータルコストの削減に貢献します。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

専用内部部品をIC化することにより、電子部品の種類・数を最小化しました。これにより、従来の商品と比較し、消費電流を、2/3と大きく削減、生産設備の省電力化に貢献します。また、Rohs規制に対しても、対応をしています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

消費財だけでなく、FA分野においても、ユーザビリティ(扱いやすさ)の向上やグローバル化への対応といったトレンドが強まる、と考えています。この商品の特徴は超小型。だからこそ、お客様の現場で、この商品が関わる全プロセス(設計、製造、保守等)を視野に、「グローバルに必要なユーザビリティとは?」を真摯に考えた商品です。具体的には、見易い表示灯、取付を容易にする検出距離、7ヶ国語の取扱説明書を実現しました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

国内外のオムロンの制御機器販売店
オムロンFAストア
OMRON Global Web

審査委員の評価

電子部品製造の小型化、グローバル化をふまえ、その製造に欠かせない近接センサーのユーザビリティに、小型化、視認性、操作の確実性、多国籍対応という点から取り組んだデザインである。ユーザーの視点において、設計、設置、保守というセンサーが関わる全プロセスを考慮し、さらに、様々な文化、国のユーザーたちを想定し、直感的に使用しながら効果を発揮することを念頭においた開発が、どこからでも見ることができる表示灯の採用、検出距離の改善、直径φ3からφ6.5までの10の形状に対応など、商品のバリエーション、質や形に現れている。今後、さらに発展するであろう電子機器の小型化により、より高度な製造技術が必要とされる反面、製造現場は世界のいたるところでさまざまな技術者が担う状況にある製造現場において、縁の下の力持ちとして、ものづくり、産業文化に貢献するデザインであると評価した。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   村上 存  

ページトップへ