GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
六角棒レンチ [キャッチャーレンチ]
事業主体名
旭金属工業株式会社
分類
開発、生産、製造のための機器・設備
受賞企業
旭金属工業株式会社 (新潟県)
受賞番号
13G070613
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

キャッチャーレンチは2.5mm以下の六角穴付ボルトを強力に保持できる六角棒レンチである。2.5mm以下のボルトを保持できる製品は、先端に金属のリングや樹脂を埋め込んだものやレンチを磁化したものが既にあるが、それらは強度や耐久性、保持力が不十分であったり、磁力が無くなるという問題があり実用性がなかった。キャッチャーレンチは先端部に溝を切り、それをわずかに拡げその弾力でボルトを保持する方式を採用し、強い保持力と高い強度、耐久性を兼ね備えている。これにより、奥まった場所のねじ穴にボルトを持っていくときや、緩めて外したときに、ボルトが落ちないように手で押さえる必要がなく、作業効率の向上に貢献する。

プロデューサー

旭金属工業株式会社 代表取締役社長 宮野光

ディレクター

旭金属工業株式会社 企画開発課課長 土田康弘

デザイナー

旭金属工業株式会社 企画開発課 菊地裕人

発売予定
2013年11月
価格

830 ~ 860円

販売地域

日本国内向け

設置場所

ホームセンターなど

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

落とすと見つけることが大変な小さなボルトでもキャッチャーレンチが保持するので、片手でねじ穴に持っていくことができる。奥まった場所のねじ穴に付いている小さな六角穴付きボルトは、手が届かなかったり、軍手などをしたままでは掴めないことが多く、外したボルトを取り出すことが難しい場合がある。キャッチャーレンチはボルトを緩めてそのまま持ち上げ、ねじ穴から簡単に取り外すことができる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

この六角棒レンチで使用するボルトはとても小さく、無くし易い。キャッチャーレンチはしっかりと保持することができ、着脱するときの紛失を予防できる。紛失してしまうと同じボルトを用意するのが困難な場合もある。非鉄製、各種樹脂製のボルトでも保持することができるので磁性を嫌う作業環境でも使用することができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

機械製品の内部構造はこれから更に小型化・複雑化し、メンテナンスが難しくなっていくと予想される。そのような場合でも、入り組んだ場所のボルトへのアプローチや作業の効率化に貢献できる。またボルトの紛失による作業の遅延を抑制できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

小さなボルトでもしっかりと保持することができ、着脱するときの落下による紛失を予防できる。ボルト1本でも消耗品扱いにせず大事に使うことで資源の有効活用につながる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

このような小さな工具での確実なボルト保持の実現は難しいと思われたが、あえて単純な構造にしたことで高い強度、耐久性を実現できた。普通の曲げた針金にしか見えなくともそこに工夫があることを工具を使って感じて欲しい。

審査委員の評価

先端部に溝を切り、拡げることによって弾力でボルトを保持することができるレンチ。細い径でありながらも、高い強度、耐久性を両立させた構造としている。工具の分野は成熟産業であるが、柔軟な発想と設計力によりいままでありそうでなかった新しい商品を生み出している。

担当審査委員| 山本 秀夫   廣田 尚子  

ページトップへ