GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
超微多孔発泡セラミックス [染色余剰汚泥を有効活用した超微多孔性発泡セラミックス「グリーンビズ」]
事業主体名
小松精練株式会社
分類
素材・部材
受賞企業
小松精練株式会社 (石川県)
受賞番号
13G070609
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

グリーンビズは、染色工場の排水処理過程で発生する産廃物(余剰汚泥)を原材料に地元石川県の陶芸文化と融合して産まれた超微多孔発泡セラミックスの総称。板状の基盤と粒状の形態。産廃物を有効活用して環境貢献効果を発揮する。特長として①打ち水効果を発揮し、省エネを促進して持続可能な低炭素化社会構築に貢献②余剰汚泥由来のサブミクロンオーダーの多孔体であるため断熱効果を発揮③軽量・無機質・無害でリサイクルが可能④吸音性を発揮し不燃材料⑤優れた保水性を発揮屋上緑化に適した素材として、建築技術審査証明(都市緑化技術)を取得。第1回いしかわエコデザイン大賞を受賞。

プロデューサー

小松精練株式会社

ディレクター

株式会社トーケン

デザイナー

小松精練株式会社

詳細情報

http://www.komatsuseiren.co.jp/jp/greenbiz/index.html

発売
2009年4月
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

屋上、室内、壁面(屋内、屋外)

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

自然と調和したデザインを可能とし、住環境に癒しの空間を提供することが出来る。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

打ち水効果と断熱効果、消音効果で夏は涼しく、冬は暖かく、雨音静かな住環境を創りだす。つらい思いをして節電するのではなく、快適に過ごしながら節電を実現し、省エネを推進する。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

余剰汚泥廃棄物を有効活用する。排水処理の過程から生ずる廃棄物のゼロ・エミッション化を推進。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

優れた保水維持能力を発揮して夏季30日間の無灌水に耐えうる。併せて打ち水効果を発揮して都市部におけるヒートアイランド現象の緩和を実現。節電効果で冷暖房に係るエネルギー使用量を削減(夏:8割、冬:4割)し、低炭素社会実現をより身近なものにする。

ユーザー・社会に伝えたいこと

廃棄物を原材料として捉え、地元文化と融和することで高い機能性を有する超微多孔発泡セラミックス素材を開発。もちろんマテリアルリサイクルが可能。地球上には余剰汚泥が多数排出されており殆どが焼却や埋設処理されているのが現状。グリーンビズの技術で廃棄物ゼロエミッション化を推進し、低炭素化社会実現に貢献する画期的な素材です。グリーンビズで省エネを体感して自然と調和した快適なエコライフをデザインします。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

太陽ヶ丘保育園(石川県金沢市)、加賀屋(石川県七尾市和倉温泉)、松屋銀座屋上テラス(東京都中央区)
小松精練株式会社WEBホームページ
株式会社トーケンWEBホームページ

審査委員の評価

染色工場の排水による産業廃棄物は社会的な問題であるが、その廃棄物を原材料としつつ、陶芸文化と融合させる方法により生まれた、画期的な建材である。軽量、無害、無機質なリサイクル製品であると同時に、断熱、吸音、保水効果など画期的な機能を持ち合わせ、素材としての新しさ、発展性がある。また開発プロセスにおいて地元の産業との連携を図り、地球環境への貢献とともに、地域社会活性化への貢献も果たしている。製品そのものだけでなく、その開発、制作プロセスそのものが、今後の社会に必要な、環境、地域循環型の優れたデザイン思想によって実現されているデザインであると評価した。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   村上 存  

ページトップへ