GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
スマートフォン [INFOBAR A02 / iidaUI 2.0]
事業主体名
KDDI株式会社
分類
個人・家庭のための情報機器・設備
受賞企業
KDDI株式会社 (東京都)
受賞番号
13G050474
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

INFOBAR A02は、Android 4.1をベースに開発されたユーザーインターフェイスiidaUI 2.0による、ユニークなインタラクションデザインを特徴とするスマートフォン。

プロデューサー

KDDI 尾崎高士、鈴木吾朗、砂原哲、松木友明、合澤智子、秋葉健、川村正太

ディレクター

ナオトフカサワデザイン 深澤直人+tha ltd. 中村勇吾

デザイナー

深澤直人+中村勇吾+CORNELIUS(小山田圭吾)

詳細情報

http://www.au.kddi.com/original-product/

発売
2013年2月15日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

使いやすさ・解りやすさ、親切さがある。使用者の創造性を誘発する提案がなされている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

次世代のライフスタイルを創造している。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

新技術・新素材をたくみに利用し課題を解決している。デザインの新しい活用の仕方を導いている。新しいものづくりや提供の仕方を提案している。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

人と人の新しいコミュニケーションを提案している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

電源ボタンを押すとそこからアイコンがニュッと飛び出ます。画面をスクロールするとゼリーみたいにプニプニ動きます。パネルを移動するとシャラランと心地よい音色を奏でます。お気に入りの写真や音楽アルバムを貼って画面を自分好みにデザインできます。チョコレートや公園など楽しいテーマもあります。スマホに触れている時間が豊かな体験になるように、ハードとソフトの境がない表情豊かなひとつの塊をデザインしました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

現在は販売を終了しております。
iidaウェブサイト
iida Facebookページ

審査委員の評価

INFOBARシリーズの特徴的であったタイル状の物理キーがなくなり、画面内にマルチタスクキーを配置した事で「物と情報のデザインによる融合化」をより意図したデザインである。例えば左側側面のサイドキーの高さと、UI Homeのパネルの高さが揃えられるなど、UIデザインとの一体感を強く感じる。Home画面では上下にスクロールすると、横3列の配置されているアイコンがゼリー状のような表現をしながら動くのも独創的な表現であり、このシリーズがまだまだ新たな可能性を広げている点も評価された。評価の高かったひとつがサウンドデザインのオリジナル性である。この製品が示したUIとサウンドの一体感という新しい試みも今後のプロダクトデザインの新しい視座となるであろう。

担当審査委員| 松井 龍哉   鹿野 護   田子 學   宮崎 光弘   ムラタ・チアキ   渡邉 誠  

ページトップへ