GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ナチュラル・サウンド・スピーカー [Egretta TS500 / TS550]
事業主体名
オオアサ電子株式会社
分類
個人・家庭のための情報機器・設備
受賞企業
オオアサ電子株式会社 (広島県)
受賞番号
13G050460
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

リアルな音像再現を可能にした無指向性タワー型スピーカー。円筒部内の独自チューニングが生み出す360°の平面特性波は、余分なサラウンドシステムを必要とせず、生演奏の臨場感を再生する。ハイエンドユーザーを対象とした上位機種TS1000に対しTS550/TS500は、普段の生活の場で使用するテレビやデスクトップPCとの最適なマッチングを志向した。ユーザーの使い方に合わせて、アンプ内蔵のアクティブスピーカー(TS550)とアンプ非内蔵のパッシブスピーカー(TS500)の選択が可能。

プロデューサー

オオアサ電子株式会社 長田克司

ディレクター

株式会社GKデザイン総研広島

デザイナー

株式会社GKデザイン総研広島

詳細情報

http://www.egretta.jp/ts550ts500

発売
2013年6月10日
価格

64,890 ~ 79,800円 (2本1組(税込み))

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

音楽との接し方はここ10年ほどで、MP3などの圧縮音源を安価なイヤホンで聴くというライフスタイルが一般化した。本スピーカーはこうしたライフスタイルの中で、より質の高い音楽の世界を再認識させる場を提供する。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

多チャンネルのサラウンドシステムというイメージからの脱却。自然な音像再現に優れた無指向性スピーカーを手頃な価格帯で実現し、TVやPCとの上質なマッチングを表現することで、日常生活にプラスアルファの音の豊かさを、もっと気軽に、もっと身近に取り込めるライフスタイルを提供する。PCや小型携帯端末機からでも直結して音楽が楽しめるようUSB接続にも対応。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

自社アッセンブリ、Made in Japan へのこだわり。日本のモノづくりに対するプライドの醸成。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

中山間地域に拠点を置くわれわれ中小企業が、時代の変化に対応しながら、次世代の日本のモノづくりをどう変えて行くか。都市から距離を置いた地域ならではの視点で、人間性の回復や、都市と自然との共生、これからの社会のあり方等への問いかけを、魂を込めたモノづくりを通して発信して行きたい。地方からの日本ブランドの発信により、日本のものづくりの環境がよりよい未来へとつながることに貢献するものと信じている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

当社は自動車用液晶パネルメーカーとして世界の自動車メーカーに部品を供給してきたが、近年、生産コストの安いアジア諸国へと部品調達がシフトされたことから、新事業への転換に踏み切った。オーディオは当社が従来から部品開発に携わってきた領域でもある。今回自社開発したEgrettaを通して、地方から、そして日本から、まだまだ海外に負けないモノづくりを実現できることを伝えたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Egretta Site

審査委員の評価

テレビが薄型化、大型化、高機能化する中でリビングルームの中でのAV環境も大きく変化している。そのような状況の中でサウンドシステムを充実させて行く時、そのデザインは大きく2つの方向に向かう。ひとつは機器の存在感をなるべく消して良質なサウンドを残す方法。もうひとつは良質なサウンドとともに機器としての存在感もリビングルームに中に残し、視覚的に表情ある豊かな空間を演出する方法。Egretta TS500 / TS550はまさに後者の方法での世界観をクォリティー高く実現している。そのユニークなカタチは見るものを豊かな気持ちにさせる。そして外観の形状だけでなく、音質はもちろん、リモコンの配置の仕方やケーブルの取り回し等、細部まで練られたデザインであることを高く評価した。

担当審査委員| 松井 龍哉   鹿野 護   田子 學   宮崎 光弘   ムラタ・チアキ   渡邉 誠  

ページトップへ