GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ソーラーシステム [OMクワトロソーラー]
事業主体名
OMソーラー株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
OMソーラー株式会社 (静岡県)
受賞番号
13G040398
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

快適と省エネの両立を目指す住宅において欠かすことができない「暖房」「給湯」「換気」「発電」の4つの機能を持つことから「OMクワトロソーラー」と名付けた。このシステムでは、太陽熱を暖房と給湯に利用する快適性と省エネ性、太陽光発電による経済性、そして熱技術と光技術の組み合わせにより、太陽エネルギーを最大限に有効利用する環境性を追求している。設置の際には太陽熱を集めるパネルと太陽光発電パネルを屋根上で連結することで、発電時に発生する熱の回収による集熱効率の向上と、排熱回収の促進による太陽発電パネルの発電効率の向上を同時に実現させた。

プロデューサー

OMソーラー株式会社

ディレクター

OMソーラー株式会社 技術部

デザイナー

OMソーラー株式会社 技術部

詳細情報

http://omsolar.jp/quatro.html

発売
2011年12月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

太陽熱を利用した床暖房、全館暖房、蓄熱暖房によって、部屋間の温度差、昼夜の温度差を小さくする温熱環境のバリアフリーを実現。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

室内の温熱環境やエネルギーを実感できる家づくりを実現させることは、製品の機能による省エネ効果に加えて、暮らし方の工夫や気候・天候に対する関心を高める効果があると考える。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

新築戸建市場だけではなく、リフォーム市場においても「省エネ」「省CO2」「健康で安全な住空間の創造」を切り口に需要の拡大を見込むことができる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

エネルギー多消費型の社会からのシフトと高齢者や身体的弱者が安心して快適に暮らすことができる住空間の創造を同時に実現できる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

製品単体のスペックを高めることは開発の上で重要だが、複数の製品の組み合わせにより、それぞれの欠点を補い、強みを生み出すことが可能ということ。そして、本製品の認知・利用を通じて快適性と省エネ性の両立の大切さ、そのために太陽エネルギーを最大限に活用しようとする姿勢を伝えていきたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

当社社屋、ならびに全国のOMソーラー加盟工務店
OMソーラー株式会社

審査委員の評価

太陽エネルギーを利用する4つの機能を兼ね備えたユニット。住空間での快適性は太陽熱から受けとり、経済効率性は太陽光から頂く。そんな考え方が面白い。パネルの設計は太陽熱、太陽光の2種類を一つのモジュールに統一することによって、環境の違う場所や、様々な屋外状況に対応し、景観を損なわない、すっきりとした収まりを考慮に入れている。今まで利用出来なかったエネルギー取得を環境に合わせ自由に編集する。そんな近未来を想像させる取り組みである。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   橋田 規子   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ