GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
キッチン [グラッド45]
事業主体名
株式会社サンワカンパニー
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
株式会社サンワカンパニー (大阪府)
受賞番号
13G040376
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「キッチンは毎日使うもの、しかし、それでも引き出しや扉は閉まっている時間の方が長い」グラッド45は使われていない時間にどれだけ美しい佇まいでいられるかに挑戦したオールステンレスキッチンです。カウンタートップ、キャビネット、吊戸棚までステンレスで構成し、サイズはW2100・2400・2550・2700の4サイズ。耐久性と清掃性に優れたステンレスの特性を生かし、高級感のある空間を演出します。高い技術を擁する留め加工(扉と本体が45度の角度で納まる仕上げ)で見える線の数をより少なくしました。サイドパネルや扉の小口が見えない美しい一体感のあるデザインが特徴です。

プロデューサー

商品部 部長 原野繁之

ディレクター

商品部 国内商品開発チーム 大澤康弘

デザイナー

商品部 国内商品開発チーム 大澤康弘

詳細情報

http://www.sanwacompany.co.jp/shop/c/c121250/

発売
2013年5月24日
価格

482,000 ~ 622,000円

販売地域

日本国内向け

設置場所

戸建住宅、マンションの台所

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ホルムアルデヒトなどの有害物質の発生しないステンレス素材を採用。オール引出式のため、使いたいものが一目瞭然。楽な姿勢で出し入れができる。引出は開けやすいように扉の手掛り部分を斜めにし、指がかかりやすいように加工した。「使う人にやさしいキッチン」を提供する。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

グラッド45の素材であるステンレスは耐久性、耐火性、清潔性(清掃性)に優れた特性がある。特に耐久性についてはステンレスは水に強く、木製キッチンのように湿気で腐食することがない。また、清潔性については汚れや臭いがしみこむことが無く、掃除も楽にできる。口にするスプーンやフォーク、料理に使う鍋などにステンレスが使用されている理由はこのため。永く、清潔に使えるキッチンを提供する。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

ステンレス製品はあらゆる方面で作られ、使われていますが、家庭用キッチンについてはまだまだ木製キッチンが大半を占めています。きれいで丈夫というキッチンに適した素材でありながら高額なためまだまだ普及していません。グラッド45をステンレスキッチンのグレード感を保ちつつ、求めやすい価格帯で市場に投入することにより、市場の認識を変えるとともに、キッチン業界にイノベーションを投げかける製品です。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

グラッド45はSUS304に添加されているニッケルやモリブデンを一切含んでいなSUS443J1を使用。(一部ではSUS304を使用)SUS443J1は資源量の少ないニッケルやモリブデンを使わない環境にやさしい素材です。また、ステンレスは100%リサイクルが可能で、何度でもリサイクルできるため地球の資源を減らすことなく、不要になっても新たな製品として生まれ変わります。

ユーザー・社会に伝えたいこと

キッチンを選ぶとき、ステンレスキッチンは「丈夫で清潔なので使いたいけど高価なのであきらめた」「デザインがパッとしない」という方が多いのではないでしょうか。グラッド45はそのような方々にお応えできるよう企画開発に取り組みました。ステンレスの特徴を生かしつつ細部のデザインにこだわり、妥協することなく作り上げたキッチンです。グラッド45が多くの方にご愛顧いただければ幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

「建材のネット販売サンワカンパニーのオンラインショップ」及び東京・名古屋・大阪 各ショウルーム
建材のネット販売サンワカンパニーのオンラインショップ

審査委員の評価

様々な素材を使い成熟してきつつあるシステムキッチン業界であるが、改めてステンレスに拘ってキッチンの基本的なスタイルをまとめあげた。オールステンレスで徹底した作りは誠実感を感じる。サイレントレールなど、見た目はシンプルでも必要な最新技術をいれている点もよい。今後は機器関係の選択バリエーションを増やすことを希望する。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   橋田 規子   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ