GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スプリンクラーヘッド [KQR, MHSJ012]
事業主体名
千住スプリンクラー株式会社、能美防災株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
千住スプリンクラー株式会社 (東京都)
能美防災株式会社 (東京都)
受賞番号
13G040362
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

消火用のスプリンクラーヘッドであり、火災時に熱を感知して作動分解し、自動で水を散布し、人手に頼らず火災を鎮圧する。主に、高層ビル、デパート、ホテル等の建物の天井部に設置され、人命と財産を守ることで社会に貢献している。本製品のスプリンクラーヘッドは先端部に組み込まれているヒートコレクター部のみが天井面から突出して設置される仕様となっている。ヒートコレクターの天井面からの突出量を従来製品よりも少なくすることでフラット性を高め、意匠性を向上させた。また剛性の向上も図り、スプリンクラーヘッドを施工する際の取扱いや地震等の外力によって、容易に変形することがないように改善した。

プロデューサー

千住スプリンクラー株式会社 菊池哲郎 能美防災株式会社 秋本和幸

ディレクター

千住スプリンクラー株式会社 竹内孝+能美防災株式会社 中村雅之

デザイナー

千住スプリンクラー株式会社 狩原幸典、菊池正勝+能美防災株式会社 亀石博隆、村上匡史

詳細情報

http://www.senjusp.com/

発売
2012年8月1日
価格

3,200 ~ 3,500円(定価)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ヒートコレクターを椀状にして強度を向上させるとともに、旧製品で変形しやすかった薄板状のヒートコレクターを椀状のヒートコレクターの内部に設置したことで、施工時に作業者がヒートコレクターに接触したり摘んだりしても変形しにくい構成とした。また、旧製品の薄板状のヒートコレクターを椀状にすることで、万一、人との接触の際に、人を傷つけにくい構造とした。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

室内に露出する椀状のヒートコレクターは天井に対してフラット性が増し、デザイン的に違和感を感じさせない。強度を向上したために外力を受けても外観上の異常が無いと交換されずに後になって外力が原因でスプリンクラーヘッドが誤作動して水損被害が生じるおそれがある。これを防止するために外力が加わった痕跡が残るように椀状のヒートコレクターに外力を吸収できる部分を設けて痕跡を新品への交換判断のサインとした。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

ヒートコレクターの強度向上により施工時の手間が削減されて作業時間の短縮につながる。また天井とのフラット感が増したことで室内の美観を重視する高級ホテルやマンションに設置してもインテリア的にマッチングする。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

外力に対する強度が向上したため、地震など災害時の故障リスクが低減し、消火設備としての機能を維持できる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

製品設計を通じ尊い人命・財産を守る仕事に従事できる事に感謝致します。本製品は損傷に強い製品を目指して作られたものですが、火災時に確実に作動する事を第一とし、強さを内に秘めた製品とすることを重視しました。 新開発の分解機構に加え、感知性能を向上させる為に露出していたヒートコレクターを椀状のヒートコレクターの中に隠す事でよりフラットになったスプリンクラーヘッドが強固に安全と安心を提供いたします。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

千住スプリンクラー株式会社ホームページ
能美防災株式会社ホームページ

審査委員の評価

通常のスプリンクラーでは拡散用の羽やカバーが目立ってしまい、機械的な存在だったヘッドが天井に馴染み違和感を無くしている。このスプリンクラーヘッドは天井のレベルから数ミリの単位で顔をのぞくが、天井内にすっきりと収まるように設計されている。技術的な目標を空間の違和感を取り除くことに注意を払い、存在のあり方から設計を改めて導こうとしている点が共感を得た。製品性能と施工性、そして空間への配慮、バランスの取れた完成度は評価が高い。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   橋田 規子   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ