GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
配線器具 [人感スイッチ(トイレ天井用)]
事業主体名
株式会社中野エンジニアリング
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
株式会社中野エンジニアリング (東京都)
受賞番号
13G040360
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

トイレの天井に設置し、人の出入りを検知して照明の点灯消灯を制御する人感スイッチです。入室すると室内照明が点灯し、入室中は長い時間じっとしていても動いていても消えませんが、退室すると速やかに消灯します。

プロデューサー

株式会社中野エンジニアリング 代表取締役 中野貞生

ディレクター

株式会社中野エンジニアリング 開発部部長 中野敬生

デザイナー

株式会社中野エンジニアリング 開発部部長 中野敬生/技術部課長 舟堀浩介

詳細情報

http://www.ne-c.co.jp

発売予定
2014年3月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

対象品は、トイレ等の狭隘な場所の天井に設置するため、利用者が、違和感を感じないような小型化と形状にすると共に、天井面からの出代を薄くしました。又、在来製品との区別の明瞭化と、設置時にトイレ内の出入方向識別も容易にできるようなデザインとし、誤使用や誤設置を防止しました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

トイレでじっとしている時、照明が暗くなったり消灯すると、不快な思いをしたり困ったりします。特に、高齢者や身障者、病気や体調が悪い時、子供にとっては、大変困ることが有ります。トイレに入室したら点灯し、在室中はじっとしていても動いていても点灯し続け、退室すると速やかに消灯するという当たり前のことが 自然に行われることは、生活上大変重要なことだと思慮します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

設置施工は、在来の天井人感スイッチと全く一緒です。スイッチの負荷である照明器具の品種、メーカや型式は何ら制約がありません。又、新築は固より既設のトイレに施工することも容易であり、この場合も既設の 照明器具をそのまま使用できます。更に、在来の人感スイッチのように、退室後も設定時間点灯し続けることも無く 通年の積算消費電力損も抑制できます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

一般の健常者は、トイレ使用中に暗くなったり消灯しても、不快な思いをしつつ上半身や手を動かし 再点灯させることはできます。でも、社会的に弱い立場の方である高齢者や身障者、病気や体調の悪い方、小さい子供、幼児に付き添いの親にとっては、不快な思い以上の切実な問題になります。当たり前の事が自然にできる製品を提供することで、ささやかでも社会のお役に立ちたいと思います。

ユーザー・社会に伝えたいこと

トイレは必要不可欠な場所でありながら、狭い密室内での点灯消灯が普通です。健常者である一般の人は、この環境に順応していますが、高齢者や、身障の方・病気や体調不全の方、幼い子供にとっては、スイッチで照明を点灯消灯することすら大変な思いをします。使用中に暗くなったり消灯したらどれ程、不快に思い、不自由な思いをする事でしょう。人が必要とする時に極自然に対応することは大切だと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

直販 ; 株式会社中野エンジニアリング 東京都目黒区上目黒3-6-11 、指定代理店
人感スイッチ(トイレ天井用)

審査委員の評価

人感スイッチとしてのセンサー技術に共感した。入退室時の関知に関わらず従来型のスイッチでは制御出来ていなかった、停滞時の消灯をしっかりコントロール出来るセンサー。形状や素材感は今後の課題としているが、センサー技術の開発コンセプトは生活の自然な動きに対応する事。開発意図から設計までの試行錯誤が汲み取れた。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   橋田 規子   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ