GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ベッド [24/7 Twenty Four Seven]
事業主体名
アイシン精機株式会社
分類
家具・インテリア
受賞企業
アイシン精機株式会社 (愛知県)
受賞番号
13G040337
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「24時間、週7日、いつでも」ベッドルームで快適に過ごすベッド。ベッドルームは眠るためだけの場所ではなく、読書、ティータイム、映画鑑賞、恋人とのコミュニケーションなどの様々なシーンがあります。平均6畳〜8畳といわれる日本の寝室ですが、1日の3分の1を過ごす空間です。より快適にくつろぎ楽しむためのベッドをデザインしました。「24/7」(トゥエンティフォーセブン)、24時間、週7日、いつでも快適に過ごせる場所、という意味を込めてネーミングしました。

プロデューサー

アイシン精機株式会社

ディレクター

アイシン精機株式会社 デザイン部 部長 岡 雄一郎

デザイナー

a studio 安積 伸

発売予定
2014年3月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ベッドの上でもくつろぎの時間を過ごせるよう、ヘッドボードはソファのようにもたれやすく快適にデザインされています。やさしいカーブを描いた背もたれにもたれると恋人同士が自然と向き合うような形となり、コミュニケーションを促すフォルムです。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

寝室という限られた空間において、眠るだけでなくくつろぐ時間を過ごせるよう、マルチファンクショナリティを持ち合わせたベッドにしました。また、クッション性がありラウンドしていて、夜暗い中ベッドに身体を当ててしまってもダメージが少ない形状です。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

欧米ブランドの高級品が多くみられる日本のベッド市場において、日本の環境に合わせた、デザインクオリティーの高いベッドを、国内で生産し、国内産業の活性化と日本ブランドの構築を導いています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

高いオリジナリティ性を持ちつつもシンプルなデザインは長く生活を共にする存在になります。長く使いたいという思いは、強度・耐久性さまざまなテストをさまざまな使用環境を想定して繰り返す信頼性の高い安全・安心な品質で裏付けます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

BEDROOM = SLEEP?寝室は寝るためだけの部屋?寝室で快適な睡眠をとることはもちろんですが、それ以外の時間も快適に過ごしていただきたいと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ベッドギャラリーASLEEP

審査委員の評価

画一的になりがちなベッドのデザインにラウンドしたヘッドボードを取り入れて、ソファの背もたれのように寛いで横たわれるよう、快適にデザインされている。内側にラウンドしたヘッドボードはそこに横たわる2人が向き合うような形状となっており、就寝時だけでなくソファーに座って語り合う時間のようなベッドでの時間を提供できる仕様となっている。就寝時に頭を包み込むような感覚のヘッドボードとマットレスを納めるフレームにもファブリックが使われており、デザインの柔らかさと共に優しい存在感を醸し出している。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   橋田 規子   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ