GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
椅子 [HIROSHIMA フォールディングチェア]
事業主体名
株式会社マルニ木工
分類
家具・インテリア
受賞企業
株式会社マルニ木工 (広島県)
受賞番号
13G040327
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

従来の木製家具製品に合わせて使える木製折りたたみ椅子。座り心地が良く、使わない時でも美しい。金具を最小限に抑え、木材の木目、色を揃えて選定し、全体のバランスを大切にした。

デザイナー

有限会社ナオト フカサワ デザイン 深澤 直人

詳細情報

http://www.maruni.com/

発売
2013年7月1日
価格

52,000 ~ 64,000円 (税抜本体価格)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

座り心地が良く、特に3次元成型した背板は座る人の身体になじみます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

軽く、片手で持ち運ぶことができます。折りたたむと厚みは13㎝になり、コンパクトに収納、保管できます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

海外25ヶ国へ展開し、日本の高い木工技術、精緻なモノづくりへの姿勢を世界へ向けて発信しています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

持続可能な森林管理のもと計画伐採された木材を使用しており、環境負荷の軽減に寄与しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

かつては家にお客様を案内する応接室があり、談笑する応接セットがありました。現代では、生活様式や住まいが変わってそれらは無くなり、リビングダイニングに迎えることが多くなっています。このような時に、家族分の他に椅子を用意しておくと役に立ちます。普段使いのダイニングセットになじむ、単なる間に合わせではない折りたたみ椅子をつくりました。是非、家にお客様を呼んで使ってみてください。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社マルニ木工ショールーム(仙台・東京・大阪・広島)、国内外インテリアショップ、大手百貨店、他
株式会社マルニ木工HP

審査委員の評価

必要な時にすぐ使えて、座り心地が良く、立てかけておいても美しく、場所をとらない、強度と耐久性を求められる折りたたみ椅子は従来はスチールパイプなどの金属で作られてきた。木製品によってそのような高い強度や耐久性を克服する製品化へのハードルの高さはメーカーの開発力と製造力、そしてデザイナーの高い設計力が問われる製品開発となる。椅子の使用時と折りたたみ時の背板と座板の構造上の治まりの関係性と意匠上の美しい治まりと強度を保ちながら両立させることは構造と強度確保の上で高い壁であったことが伺える。折りたたみ椅子の持つ軽快感を表現する為に計算された各部材の太さと強度の限界を探り、見い出された各部材の限界値とバランスによって強度と美しさがバランス良く担保されている。また、木製で折りたたみ椅子を作る為に必要な強度を確保する為と美しさを実現する為の金属パーツを開発することによって独自の機構と意匠性を実現している。また、椅子としての座り心地としては、3次元成形した背板と座面の適正なサイズと角度の関係性により、折りたたみ椅子とは思えないような快適な座り心地を実現している点も特筆すべき点である。また、左右の脚は木目、色を揃えて選定されており、突板をブックマッチで貼り合わせた背板、座板と組み合わせたときの全体の表情のバランスに細やかに配慮されている。また、折りたたむと厚みは13㎝になりコンパクトに収納、保管できる点は、製品の使用範囲を広げ、木製折りたたみ椅子の可能性を示唆している。木製折りたたみ椅子と言う新たな概念の創出に加えて、椅子としての座り心地の高さと強度、耐久性を確保した上で実現された意匠性の高さは今後の日本の木工製品の方向性を示唆するものである。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   橋田 規子   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ