GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
冷凍冷蔵庫 [東芝 GR-G XV シリーズ]
事業主体名
東芝ホームアプライアンス株式会社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
東芝ホームアプライアンス株式会社 (東京都)
株式会社東芝 (東京都)
受賞番号
13G030306
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ガラスを扉面材に用いた冷凍冷蔵庫XVシリーズ(12年度上市)を、大容量の600Lクラス・省スペースで片開きの400Lクラスに展開。キッチン空間への調和を配慮 して扉面材にガラスを用いたフラットで凹凸の無い端正な佇まいの冷凍冷蔵庫は、操作部に静電タッチパネルを採用し段差を無くすことで使いやすさと清掃性も向上している。いづれも主婦の調理導線を考慮し、使いやすいまんなかに野菜室をレイアウト。取り出しやすいだけではなく、高湿度を保つことで野菜の保存性能にも優れている。また、高性能真空断熱材の採用やセンサーでの最適運転により、無理なく快適に省エネを実現できるecoモードも搭載している。

プロデューサー

東芝ホームアプライアンス株式会社 アプライアンス事業部 事業部長 河合 満

ディレクター

株式会社東芝 デザインセンター 家庭電器デザイン担当 グループ長 若佐真理

デザイナー

株式会社東芝 デザインセンター 家庭電器デザイン担当 鈴木 毅

詳細情報

http://www.toshiba.co.jp/living/refrigerators/index_j.htm

発売予定
2013年10月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

コントロールパネル部は本体からの凹凸の無い静電タッチパネルを採用することで、使いやすさと掃除しやすさも向上。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

商品を使用するだけで、意識せずに快適で環境に配慮した生活を実現する「ecoスタイル」。「おいしいものをおいしいまま保存する」という冷蔵庫の基本的な価値と使い易さ。幅広いラインナップ展開により多様なライフスタイルに合った商品を提供できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

熱断熱設計の新筐体 開発。 冷凍サイクルの見直し。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

省エネ性能に優れ、地球環境にもやさしい冷蔵庫を実現。

ユーザー・社会に伝えたいこと

商品本来の機能から導き出されるシンプルで、キッチン空間に調和する飽きの来ない簡潔な美しさと、扉にそっと触れると、必要なキーや表示が浮かび上がる直感的で簡単な操作や上質感のある扉面の美しさや細部の仕上げからユーザーに東芝が提供する時代にとらわれない普遍的な価値を感じて頂ければと考えます。

審査委員の評価

同社の洗濯機など他製品にも共通するタッチパネルの操作表示部を、ガラスドアの特性を活かし美しくまとめている。操作系のインターフェイスは分かりやすく、ハンドルなどの使用感にも配慮がなされており、清掃性も高い。単に他製品とシリーズ化し外観を合わせるといったアプローチではなく、家電製品として共通する操作の形をそれぞれの製品に落とし込み、ブランドとして製品に横の繋がりを作る方法は、総合家電メーカーならではで大きく評価できる。

担当審査委員| 朝倉 重徳   川島 蓉子   中坊 壮介   松下 計   渡辺 弘明  

ページトップへ