GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
空気清浄機 [エア エンジン]
事業主体名
バルミューダ株式会社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
バルミューダ株式会社 (東京都)
受賞番号
13G030276
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

圧倒的な吸引力で部屋中の浮遊物を除去する空気清浄機です。従来の空気清浄機は一つのファンでフィルターからの吸引と、送風を行っているのに対し、AirEngine は吸引専用、送風専用の2つのファンを搭載。これにより、部屋中の空気を循環させ遠くの重たい粒子も引き寄せることが可能になりました。吸引された空気は、独自形状の360°酵素フィルターで除去されます。

プロデューサー

バルミューダ株式会社 代表取締役 寺尾玄

ディレクター

バルミューダ株式会社 代表取締役 寺尾玄

デザイナー

バルミューダ株式会社 代表取締役 寺尾玄

詳細情報

http://www.balmuda.com/airengine/

発売
2013年9月
価格

49,800円 (税込み価格)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

操作ボタンは電源、モードボタン、ジェットクリーニングボタンの3つのみ。それらを天面に配置したことで、かがまずに操作が可能です。前面のインジケーターによって、離れた場所からでも運転状況が分かります。また、従来の空気清浄機に比べて約60%程度の設置面積と置き場所に困らないサイズです。使いやすく、分かりやすいデザインを実現しました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

花粉、ホコリ、ウイルス、PM2.5と空気中には人に影響を及ぼす様々な浮遊物が含まれています。より効果的に浮遊物を取り除き、安心できる空気を提供するために、AirEngineは独自のWファン構造と360°酵素フィルターを採用。安全で健康的な暮らしのための手助けをします。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来の空気清浄機が一つのファンで吸引と送風を行っているのに対して、AirEngineは吸引専用、送風専用の2つのファンを搭載しています。従来の空気清浄機では困難だった重たい浮遊物や、遠く離れた粒子も引き寄せてフィルターで徹底的に清浄します。イオンを用いる空気清浄機が主流の中、よりシンプルで確実に空気を清浄する方法を提案しています。新たな発想や技術を発表することで、市場の活性化に貢献します。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

消費電力5Wで運転可能な、セーブエナジーモードを搭載しています。就寝時に役立つ、静かに最小限の空気清浄を提供するモードです。また最大運転を行うジェットクリーニングモードは徐々に風量を弱めて、設定モードに戻るコース運転を行います。生活に合わせたモード設定によって、無駄なエネルギーを使用せず、効果的に空気を清浄できます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

空気清浄機はリビングや寝室で使用されます。それは家族と集う場所であり、くつろぎを提供する場所であるべきです。従来の空気清浄機は、そのような空間で使用するにはあまりに冷たく、機械的で、存在を誇示するような佇まいでした。AirEngineはシンプルな機能とデザインで、生活との調和を実現しました。さらに、独自の技術で効果的に安全な空気を提供することで、機能面からも快適な住空間作りに貢献します。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

バルミューダ・オンラインストア、インテリアショップ、百貨店、家電量産店
バルミューダオンラインストア

審査委員の評価

360度全方向から空気を吸って上方に強く送風することで部屋全体の空気を清浄するというシンプルで合理的な考え方の製品。それを実現するために吸引用と送風用の二つのファンを配置するという大胆な発想を採用するなど、製品開発に対するこだわりが強く感じられる。大手家電メーカーにとって空気清浄機は微に入り細に入りの技術開発を付加価値にしていく成熟商品だが、ベンチャー企業の新規参入に際し同じ土俵で勝負するのではなく、そもそも空気清浄機とは、というところから新たな視点で開発を進めていったところは高く評価できる。角にRがある四角柱の原型を崩さないためにコストを惜しまず、背面に至るまで高い品質で仕上げられている。価格競争に巻き込まれ、コスト削減を優先するために外観仕上げに妥協を余儀なくされる大手メーカー製品に対して、部品点数が増えても美しさを追求する姿勢は、新しい市場を開拓するには正しい選択だろう。

担当審査委員| 朝倉 重徳   川島 蓉子   中坊 壮介   松下 計   渡辺 弘明  

ページトップへ