GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ものづくりデザイン賞

受賞対象名
水性塗料 [マスキングカラー]
事業主体名
太洋塗料株式会社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
太洋塗料株式会社 (東京都)
受賞番号
13G020265
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「マスキングカラー/Masking Color」は、塗ったあとから“はがせる”水性塗料。好きな場所に自由に使え剥がせば元に戻せるので、屋内外などへのディスプレイやイベント装飾、剥がすことを利用した作品制作など様々な用途で使用できる。溶剤を含まない水系塗料で匂いも少なく子どもでも安全に使える。他の道具を必要とせずすぐに使うことができるように握りやすいペンタイプのパッケージとしている。

プロデューサー

太洋塗料株式会社 常務取締役 林清史

ディレクター

小関隆一

デザイナー

小関隆一

詳細情報

http://www.maskingcolor.com

発売
2013年8月14日
価格

1,500 ~ 3,800円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

扱いやすい大きさと柔らかさを持ったペンタイプのボトルで、他の道具を使用することなく誰でも気軽にそのまま使えるようにしている。ヘラとしても使えるキャップの先端を使うことで画材としての表現の幅も広がる。キャップは乾いた塗料をはがす際にも利用することができる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

水性塗料なので匂いが少なく、屋内でも扱いやすく現状復帰も容易なため、住宅での使用はもちろん、飲食や物販などの店舗や学校・オフィスなどの屋内空間でも気軽に情報掲示、あるいはイベント・パーティーの装飾などができる。剥がせるという機能面からマスキングカラーならではの作品作りなども可能。汚れなども一緒に剥がれるので掃除道具的な使い方、あるいは曲面へのマスキングとしての用途もでき、用途の幅はとても広い。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来品には無い新しいジャンルの製品として国内に留まらず世界的に息の長い市場を産むる可能性を持ち、かつパイオニアとしての地位を確立できる。中小企業が持っているノウハウを活かした製品による強力なブランドを持つことで、独自の新しい流通を持つ機会創出ともなる。製品バリエーションの展開幅が広いことも強味になる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

有機溶剤を一切含まない水性塗料なので人体への影響が少なく、匂いも少ないので屋内での使用あるいは子供が使用する際にも扱いやすい。固まってから剥がした塗料は有害なガスなどを排出しないので一般ゴミとして処理ができ、環境への負荷も少ない。

ユーザー・社会に伝えたいこと

「自由に描いて、あとから剥がせる」というシンプルで使い方の可能性の高い塗料。このような新しい製品で、普段の生活の中に楽しい変化をもたらすことができたらと願い開発に挑んだ。また中小企業の既存の技術を活かした製品開発をデザインの視点から行なうことで、今まで無かったものを社会に提案できる可能性があることと、それによって企業が得られる価値があるということを示す好例となればと思う。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

LoFt、東急ハンズなど

審査委員の評価

店舗のウィンドーなどに絵や文字を描き、後で簡単に剥がすことができる画期的な水性塗料である。もともとB to Bの工業製品だったのをB to Cにも発展させた商品で、ユーザーのアイデア次第で用途は無限に広がる。一番に想定される壁や窓などの垂直面への使用に対応するべく、液ダレしにくい塗料に調節してあるところも良い。これまでにないカテゴリーの商品だが、ほかの道具を必要としないペンタイプのボトルであり、剥がせる水性塗料であることを表すシンボルや、何色かがわかりやすいグラフィックにより、初めてのユーザーでも使いやすい。水性塗料のため人体への影響が少ないこと、剥がした塗料が有害ガスなどを排出しないため一般ゴミとして処理できる点なども含めて高い評価に値する。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ