GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
漆塗めん棒 [蕎麦打ちめん棒拭き漆仕上]
事業主体名
有限会社 中村豊蔵商店
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
有限会社中村豊蔵商店 (福島県)
受賞番号
13G020229
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

蕎麦の生地を平らに伸ばすめん棒に、日本伝統の漆塗で仕上げました。蕎麦を伸す作業は、蕎麦の表面が乾燥しないように短時間で、のし上げなければならない。白木のめん棒は、蕎麦に付着している水分が、素地に吸収され、滑りが悪くなる。それにより、蕎麦の回転速度が落ち、蕎麦の表面の乾燥を速めてしまう。漆塗りめん棒は、その問題を解決した耐久性と美しさをもった道具です。

プロデューサー

中村豊蔵商店 中村啓介

ディレクター

中村豊蔵商店 中村啓介

デザイナー

中村豊蔵商店 中村啓介

詳細情報

http://www.toyozo.com/

発売
2000年4月1日
価格

6,300 ~ 8,400円

販売地域

日本国内向け

設置場所

弊社ショールーム  専門店

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

漆塗りめん棒は、表面をただコーティングするだけでなく、素地に染み込み一体化する。そのため木製独特の質感を損なわない。蕎麦の生地の上での滑りの持続性は、蕎麦の表面をつややかにし、蕎麦の味や食感にまで影響を及ぼす。自然塗料の漆は、身体的にも害がなく、殺菌作用もある。使いやすく耐久性があるだけではなく、衛生面でも、漆本来の利点を最大限に活用できる。それこそが漆塗にこだわった理由です。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

白木めん棒に比べ、手入れが驚くほど楽であること。白木はそばの表面の水分を吸収しやすいため、木のやわらかい部分の木目が立ち、使用後、粉が付着しやすい。漆は水分を弾く効果があるため、手軽で快適に使用できるメリットがあります。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

会津は昔から漆の産地であり、漆を施した料理道具の良さを、国内外問わず発信していきたい。また若手職人の育成にも力を入れたい。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

漆と木材は、それぞれ自然の元である素材を採取・加工してできたものです。太古の昔から、人の暮らしにはなくてはならないものであり、そば道具を通じて、資源の大切さとありがたみを、一人でも多くの方に認識していただきたい。

ユーザー・社会に伝えたいこと

漆の種類は、多種ありますが、あえて、拭き漆にした理由は、素地の感触を残すためです。木目にスリ込むように仕上げた拭き漆は、手触りが良く、滑りが持続する。多くの方に愛用され続けられてきたからこそ、製造に対する熱意が沸き、また喜びを感じます。これからも感謝の気持ちを心に刻み続けながら、漆塗りめん棒を造り続けて行きたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

有限会社 中村豊蔵商店 ショールーム
そば打ち道具製造卸 頑固そば道具中村豊蔵

審査委員の評価

そばをのばすためのめん棒という、単純であるが故に品質が問われる製品に、最適な素材と技術を注ぎ込んだ正道をゆく製品である。ゆがみのない丸棒を高精度に仕上げる木工技術に、耐久性の高い漆の手塗りを施すことで使い勝手のよい長寿命の製品が実現された。雰囲気のみで用いられることも少なくない漆塗りが、本来の性能を活かして用いられている「適材適所」によるデザインである。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ