GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
飯切り・桶 [司製樽さんの飯切り・桶]
事業主体名
株式会社G's principle ゆかい社中そらぐみ
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
株式会社G's principle ゆかい社中そらぐみ (徳島県)
受賞番号
13G020227
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「司製樽さんの飯切り・桶」は、従来品の構造を見直し、桶の場合、湯を入れての使用が多いことから「持ち易さ」を突き詰めました。底板を従来品より上げ底にし、指が入るスペースを作り、側板と底板の間で指が引っかかるように作ったことで、湯を入れても片手でしっかりと持てるようにしました。片手で湯を汲むことから側板を出来るだけ薄く削り、軽量化で手が疲れ難くなり、口を薄く、丸く削る事で指を痛めない作りにしました。飯切りも持ち運びし易い作りとしただけでなく、底板の下を流れる空気量を増やし、冷却効果が上昇。寿司飯が早く出来上がります。上げ底にした事で捻れやたわみが起き難い構造となり、壊れ難くなりました。

プロデューサー

株式会社 G's principle ゆかい社中そらぐみ 池上芽衣

ディレクター

株式会社 G's principle ゆかい社中そらぐみ 池上芽衣 合同会社DEKU 司製樽 原田啓司

デザイナー

株式会社 G's principle ゆかい社中そらぐみ 池上芽衣 合同会社DEKU 司製樽 原田啓司

詳細情報

http://sora-dougu.jugem.jp/?eid=15

発売
2013年2月4日
価格

8,400 ~ 15,750円

販売地域

日本国内向け

設置場所

ゆかい社中そらぐみ(徳島)jokogumo(東京)まちのシューレ963(香川)日野明子(東京)

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

「司製樽さんの飯切り・桶」は、「突き詰めた使いやすさ。どこよりも美しく。貴方の為に生まれた新しい飯切りと桶。」の言葉を掲げています。底に指が入るスペースは従来品には無かったものですが、この商品に触れる方は自然とそこに指を入れ、持ちます。そして親指が触れる口の部分の滑らかさを感じます。そして、従来品との違いに気付きます、「美しい」と。使い手の手を守る為に生まれた、新しい飯切りと桶です。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

飯切りは、檜の種類で樹齢100年以上の長野県産さわらを使っていて、檜と同じ香りがします。桶は、同じく樹齢の長い地元徳島県産の杉を使っています。強くはないものの、どちらの木も良い香りがします。特にさわらはヤニが多く出るので、使い続けていてもヤニは出続け、香りもまた同じです。家庭に一つ置くだけで、部屋の中にほんのり木の香が流れてきます。その香りがあることで、少しでも精神的にリラックス出来ると思います。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

国産木材を使う事で、林業の活性化や山の手入れが進むのではないかと考えています。桶・樽産業がかつてのように栄えることで、山に新しい木を植え、育てることになると思います。木はいつまでも収縮を繰り返します。今使っているどちらの木も、樹齢が長い物で、木目が詰まっています。それでないと飯切りや桶はたがが落ちやすくなります。樹齢が短い木は収縮率が高いので、桶類には向いていません。たがが落ち易くなるからです。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

壊れ難く作り、世代を超えて長く使い続けられるこの商品は、桶類に適した良質の国産木材を使うことで実現しました。長く使い続けられる間に、山に植えた苗木は次に桶類を作る時に必要な樹齢に達します。木工商品が長く使えることは、次に使う良質の木材を育てられる大切な時間となります。粗製濫造の物では、使い捨ての物を生むだけです。良質の木が、良質の物を生む。良質の物が、良質の木を育む。森林環境を守ることになります。

ユーザー・社会に伝えたいこと

デザインというものは表面的なものではなく、機能面に強く関わっているものです。こうしたデザインを作る為には、作る側と使う側の両面に関わらなければなりません。良質の木を使ったり、壊れ難く作ったこの飯切り・桶も必ず壊れる日が来ます。たがや板が外れたり、黒ずんだりしますが、修理することで世代を超えてずっと使えます。職人が直す為に存在しますから、大丈夫です。そうすることで飯切りや桶に愛着が湧いてきます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ゆかい社中そらぐみ(徳島)jokogumo(東京)まちのシューレ963(香川)日野明子(東京)
ゆかい社中そらぐみ ブログ 無人駅の日用道具販売店・ゆかい社中そらぐみ
ゆかい社中そらぐみ フェイスブック
ゆかい社中そらぐみ

審査委員の評価

伝統的な桶の印象を全く変更せずに合理的な改良を加えたこと、その改良が製品を美しくする方向で作用していることが高く評価できる。軽量化を図るために側板を薄く削り、底板を上げて捩れ・たわみを抑え、持ち手に手が入りやすくなった。その結果、飯が冷えやすく見た目にも軽く繊細な美しい桶ができた。銅の箍のつなぎ目も丁寧で美しい。素材と相談しながら詰めるバランスの美がある。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ