GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ガラス器 [ウルシトグラス]
事業主体名
株式会社浄法寺漆産業
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
株式会社浄法寺漆産業 (岩手県)
受賞番号
13G020192
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

国産漆と国産ガラスによるコラボレーション商品です。日本には魅力ある素材が多く残されています。今一度漆に代表される日本国内の素材に目を向け、素材生産の現場から最終製品までのトータルなデザインを提案します。Urushitoシリーズは漆と何かと組み合わせるシリーズの第1弾になります。本格的に漆を使っていながらも堅苦しくなく、ナチュラルに使用できる器を目指しました。

プロデューサー

松沢 卓生

ディレクター

山口 光

デザイナー

山口 光

詳細情報

http://www.japanjoboji.com/cn6/cn10/pg67.html

発売
2013年6月
価格

3,000 ~ 16,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

安全への配慮という観点では、漆そのものが安定性のある優れた自然塗料であることが知られている。一度硬化するとかぶれなどは生じません。使いやすさに配慮したデザインを心がけ日常的に長く使える器、がコンセプトです。冷茶器としても、シュガーポットとしても、用途は使用者の感性で決まります。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

和洋、さまざまな使用シーンでも違和感なく溶けこむ、シンプルなデザインです。漆とガラスという組み合わせは老若男女受け入れられる可能性があり、伝統と新しさを感じさせます。漆器を生活に取り入れるきっかけとなれば幸いです。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

漆は文化として残さなければならないのみならず、産業として継続していかなければ文化も廃れます。国産漆は今その危機にあります。希少な国産漆を積極的に使うことで漆の需要が高まることを期待するほか、漆に関心をもっていただき様々な分野に波及することを目標にしています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

漆はサスティナブルな資源です。植えれば何度でも採取することができる石油系塗料にはない魅力があります。アジア、日本的な素材として海外に発信できる可能性が十分にあります。海外展開も進めており、漆に対する理解がこの商品を通じて進むことを期待しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

漆はかならずしも高級で扱いにくいものではありません。縄文時代の昔からわれわれ日本人の生活に寄り添ってきた素材です。漆を自由な塗料として捉え、かつて"japan"と呼ばれたように日本を代表する文化であり、素材であることを多くの方々に知ってもらいたいです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

渋谷ロフト、浄法寺漆産業ネットショップ
浄法寺漆産業ネットショップ

審査委員の評価

岩手県の漆と山口県のガラスのコラボレーションという、遠く離れた国内の2つの産地の職人の手から生まれた、モダンで美しい器だ。安価で手軽な素材に押され、需要が減少している国産漆に新たな価値を与え、現代の生活の中に再生させる優れたデザインの挑戦である。漆単体でなく、敢えて異なる産地の異なる素材との調和を追求することで、シンプルでありながら変化に富んだ豊かな表情と物語を生み出した。すっきりとしたフォルムのガラスの徳利と漆の猪口、揺らぎのあるフォルムのグラスと漆の蓋、貫入の入った耐熱ガラスと漆の受け皿、個性ある造形と機能性が両立したクオリティの高いデザインである。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ