GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
プラスチック食品包装容器 [「SD style」シリーズ]
事業主体名
中央化学株式会社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
中央化学株式会社 (埼玉県)
受賞番号
13G020185
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

SD styleは、ありそうでなかったシンプルイズベストなプラスチック製食品容器です。“丸と角”をベースに、美しいフォルムとディテールにこだわった新素材プラスチック製のテーブルウェア。素材開発からリサイクルまで環境負荷低減を考えて作りました。和洋中エスニックなどさまざまなカテゴリーの食事やTPOSに対応できるSD styleはまさしく一器多様。主食、主菜、副菜、汁物を組み合わせて1人前のランチョンマットに収まるサイズ設計がされており、バランスの良い食事を提供します。SD styleは、そのままテーブルウェアとしてちょっと豊かに、楽しい食卓に変えることができます。

プロデューサー

中央化学株式会社 代表取締役社長 水野和也

ディレクター

中央化学株式会社 マーケティング部長 辻卓男 食空間プロジェクト・マリナーゼ★インテリア代表 慈道美奈子

デザイナー

中央化学株式会社 製品設計課 関田奈緒+株式会社コン・クレアール 代表取締役 羽室貴司

詳細情報

http://www.chuo-kagaku.co.jp/products/sd-style

発売
2012年9月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

プラスチック食品包装容器は、食品に直接触れる用途であることから、安全基準をクリアした原材料のみを使用し、衛生性・安全性を第一に考えて製品化しています。SD styleは、食器の基本形である“丸と角”をベースに、5種のフォルムでラインナップしました。容器をそのまま食卓へテーブルウェアとして使えるデザインです。生活者がTPOSに合わせて、簡単に自由に組み合わせてテーブルセッティングが楽しめます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

女性の社会進出に伴うライフスタイルの変化は、ミールソリューションによる家庭における食スタイルを大きく変化させました。それに伴って、食事のマナーやセオリーの軽視、伝統的な一汁三菜というバランス食も失われてきています。テーブルマナーの啓蒙や日本食文化も継承ができるように、主食、主菜、副菜、汁物用のポーションサイズ設計としました。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

新素材SDは、軽さと強さを両立したきめ細かなポリプロピレン発泡層とPPF無発泡層との積層構造の素材です。従来のPPF「耐熱性」「耐油性」「省資源」に加えて、「断熱性」「軽量」「小スペース」「高級感」に優れた新素材です。特に電子レンジを使用する際の過熱直後の容器の熱さを軽減。すぐに手に取れます。時代のニーズにふさわしい機能性のある簡単便利な容器がご提供できます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

新素材SDは、環境負荷低減を念頭におき開発。枯渇する石油資源を有効活用し、更なる軽量化と機能アップを同時に実現しました。軽量化(重量でPPF無発泡素材の35%の軽量)による材料使用量削減、CO2排出量の削減(PPF素材約30%)、省スペース化(嵩張らず、PSP同形状容器と比較 約60%のスペース)を実現し、輸送効率にも貢献しております。

ユーザー・社会に伝えたいこと

日本人は、主婦がつくったものを家族が揃ってたべる団欒の頃がありました。社会生活が大きく変わりライフスタイルも多様化した今、ミールソリューションの発達で、簡単においしいデリ惣菜が食べられる時代になりましたが、孤食化、個食化、ながら食化が散見されています。日本人の食事風景からぬくもりが減っていくことに危惧を覚えます。ちょっと豊かで楽しい笑い声のたえない食卓シーンを作る一助になりたいと思います。

審査委員の評価

パーティーやアウトドア、あるいは食器洗いがしづらい環境での食事を洗練させ、豊かにするアイテムとして優れたデザインだ。この軽くて扱いやすいプラスチック製の食器シリーズは、丸と四角、黒と白を基本にした統一感のあるシンプルで高級感のあるデザインで、従来の使い捨てのプラスチック食器とは一線を画す。使いやすいサイズ展開で、あらゆるタイプの料理に対応し、テーブルセッティングをしても収まりよく設計されている。手頃な価格で、さらにリサイクルなど環境に配慮している点も評価できる。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ