GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
家具転倒移動防止器具 [耐震アトラスネオ Ver1.1]
事業主体名
株式会社大塚家具
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
株式会社大塚家具 (東京都)
受賞番号
13G020172
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

優れた耐震性能をもちデザイン性を高めた家具転倒移動防止器具。面形状の固定板が家具と天井の局所的な負荷を避け、効果的に家具の転倒を防止する。実際に家具を使用する状況で、地震の再現波による振動実験を行い、家具が転倒しないことを実証。全体をホワイト色で統一することにより、壁面や天井と同化し、居室の雰囲気を壊さずに転倒防止対策を可能にした。オプションのフィラーは、器具を家の「梁」として見せることで、家具のデザインや場所を選ばず使用できる。

プロデューサー

株式会社大塚家具 代表取締役社長 大塚久美子

ディレクター

株式会社大塚家具 商品部次長 植野隆司

デザイナー

株式会社大塚家具 商品部次長 植野隆司

詳細情報

http://www.idc-otsuka.jp/item/close_up/atlas_neo/

発売
2013年8月
価格

14,000 ~ 16,800円

販売地域

日本国内向け

設置場所

収納家具の天板面

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

一般的なツッパリ方式の器具は、家具上部と天井面にかける「押圧(ツッパリ)」の加減を感覚に頼るため、押圧をかけすぎて家具や天井を破損するケースがある。本製品は「締めすぎ防止機能」を搭載し、誰にでも簡単に最適な「押圧(ツッパリ)」をかけることができる。また、固定板内部に桐材を使うなど徹底した軽量化が図られており、高所への設置も容易である。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

本製品は、インテリアを邪魔しないシンプルなデザインと、天井や壁に同化しやすい白色で仕上げることで、居室の美観を損なわず転倒防止対策が行なえる。また、ネジ・釘等で壁や家具に穴をあけずに家具をしっかり固定できるので、壁への穴あけが禁じられている賃貸・集合住宅でも有効な転倒防止対策を行うことができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

本来、そのデザインと機能性で日々の暮らしを豊かにする家具が、地震による転倒で被害をもたらす可能性を回避することは、家具業界全体にとっての大きな課題である。本製品は、ネジ・釘等により家具や家屋に傷つけることなく、家具の転倒を防止することができる。また、優れたデザイン性を訴求することで、家具転倒防止器具の利用率を高め、家具転倒のリスクを減らすことで家具業界に貢献する。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

インテリアは空間を彩り、快適な暮らしを提供する。しかし、それは優れたデザインや機能だけでなく、根底に「安心と安全」がなければ享受することはできない。阪神・淡路大震災における震度7の地域では、6割以上の部屋で家具が転倒したという調査結果がある。本製品は、現代社会の大きなリスクの一つである地震に対する優れた耐震性能とデザイン性を両立することで、インテリアの可能性を広げ、快適で豊かな生活を提供する。

ユーザー・社会に伝えたいこと

日本では今後30年以内に60〜70%の確率で巨大地震が発生するといわれています。地震の際、最も身近な危険を回避するために家具の転倒防止対策は必須です。しかし、対策が十分に進まない現実があります。その理由の多くは、危機意識の低さ、家具や壁の傷の忌避、器具のインテリア性の低さ、など。地震がおきてしまってからでは遅いのです。自分を守るため、大切な家族を守るため、家具の転倒防止対策をしましょう。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社大塚家具全ショールーム・アマゾン
株式会社大塚家具
アマゾン

審査委員の評価

ツッパリ式の家具転倒移動防止器具で、白で仕上げることで壁や天井に同化させていることや、ねじが見えないようにデザインしている点など、居室の雰囲気を壊さずに機能を果たそうとしているところが評価できる。機能的にも、面で支えることにより局所にかかる負荷を軽減し、効果的に家具の転倒や移動等の被害を防ぐことができる。美しさと安全のための強度をバランスよく両立させており、防災用品の然るべきあり方を示していると言える。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ