GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
タオル [ルルルワークス 「フタエ ガーゼ アンド パイル」]
事業主体名
日繊商工株式会社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
日繊商工株式会社 (大阪府)
受賞番号
13G020170
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「フタエ ガーゼ&パイル」は、タオルプロジェクト「ルルルワークス」からの第一弾リリース商品。「ルルルワークス」はタオル専門商社 日繊商工株式会社が立ち上げた、日本全国の高い技術を持つ作り手たちと素材や製法、デザインにこだわった新しいタオルをつくり、新商品ブランドとして紹介していくプロジェクト。「フタエ ガーゼ&パイル」はガーゼとパイルが二重に織られたタオルで、通常タオルに使われる糸より細い「40番単糸」という糸で織られた、薄くて軽くて乾きやすいタオル。表裏の質感とカラーが異なるのが特徴で、箱形のパッケージデザインでは両方のツートンカラーが見える畳み方をし、タオルに直に触れられるようにした。

プロデューサー

日繊商工株式会社 奥村 和広

ディレクター

エイトブランディングデザイン 西澤 明洋

デザイナー

エイトブランディングデザイン 西澤 明洋、成田 可奈子

詳細情報

http://www.lllworks.com

発売
2013年4月
価格

525 ~ 5,250円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

なめらかな肌ざわりのガーゼとやわらかでやさしいパイルが二重に織られたタオル「フタエ ガーゼ&パイル」は、通常タオルに使われる糸より細い「40番単糸」という糸で織られた、薄くて、軽くて、乾きやすいのが特徴のタオル。細い糸を使ったタオルなのに、とても丈夫で長く使えるのは、高い技術でしっかりと織られた日本製だから。 洗うほどにふんわりやさしい使い心地になるので、その変化も楽しめる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ガーゼとパイルが二重に織られたという商品特徴を際立たせるため、表と裏で色が異なるツートンカラーのデザインにした。2種類の糸を使い分けて織り上げている。タオルを使うことでルルルと気分良く毎日を暮らせるように、見た目にも色鮮やかで現代的なカラー展開とした。さらにプリント柄は、プレゼントされた人に喜んでもらえるように、四つ葉のクローバーや流れ星といったラッキーモチーフ柄のデザインにしている。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

タオルはかつて贈答品としての需要が大きかったが、今では市場が縮小し、中国製の安価な商品やヒット商品のコピーが大量に市場に出回っている。縮小する日本のタオル産業を元気にしたいという思いから、大阪のタオル専門商社である日繊商工が新しいタオルプロジェクト「ルルルワークス」を立ち上げた。応募対象は大阪・泉州のタオル工場「竹利タオル」と協力して作った、ルルルワークス第一弾商品ブランドの商品デザインである。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ルルルワークスは全国の高い技術を持つ作り手たちと素材や製法、デザインにこだわった新しいタオルをつくり、販売していくプロジェクト。第一弾商品は大阪・泉州の竹利タオルとのコラボレーション。第二、第三弾商品は、また異なる地域で高い技術力を持つ別メーカーと新しい商品を開発中である。このような商社×地方メーカー×デザイナーによる製販一体となったモノづくりは、これからの地域ブランディングの在り方だと考える。

ユーザー・社会に伝えたいこと

ℓℓℓworks[ルルルワークス]は、日本全国の高い技術を持つ作り手たちと、素材や製法、デザインに拘った新しいタオルを作り、皆様にご紹介していくプロジェクトです。日本のタオルよ、世界へ届け。タオルでルルルと気分がよくなる毎日をℓℓℓworksからご提案します。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ルルル ワークス  ホームページ
ルルル ワークス  ホームページ

審査委員の評価

ガーゼとパイルが二重に織られた、薄くて軽く乾きやすいタオルである。通常タオルに使われる糸より細いものを使用している。表裏の色が異なることが特徴で、上品な組み合わせのツートーンである。また、単なるリバーシブルなのではなく、ガーゼ面からパイルの色がほんのり透けて独特の美しい色合いを生み出している。パッケージデザインではこれを表現するため、表裏の色を見せる畳み方をし、両面の手触りを確認できるようにした。製品は極めて上質で美しく、国産製品の復権を目指す開発者の意地を感じさせる製品である。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ