GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
お香 [空の木]
事業主体名
鳩居堂
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
鳩居堂製造株式会社 (京都府)
受賞番号
13G020159
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

2012年5月に開業した東京スカイツリーに出店するにあたり、記念となる限定商品を開発することになり、日本の伝統文化と先端技術を融合させた商品としてお香「空の木」を製作しました。平安の世より伝わるお香の薫りと、先端技術を駆使したパッケージやカラフルで親しみやすいデザインが、見る人使う人の心を癒し楽しく和ませてくれるような商品を目指しました。お香という伝統文化が、最新のパッケージ技術やデザイン力と融合することで、現代人の感性に訴え、より生活の中に取り入れられていき、伝統産業が復興していくことを期待しています。

プロデューサー

佐藤 卓

ディレクター

佐藤 卓

デザイナー

佐藤 卓、岡本 健

発売
2012年5月22日
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京鳩居堂スカイツリータウン・ソラマチ店ほか 東京鳩居堂銀座本店及び各支店 京都鳩居堂本店

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

忙しい現代人にとって、心身ともにリフレッシュすることは大きな課題です。「空の木」はカラフルなお香(スティック型・コーン型)と透明のパッケージの蓋のデザインとを組み合わせることで、スカイツリーの形を作り出しており、その面白さと積み木のような可愛らしくカラフルな意匠が見る人を楽しく和ませてくれると思います。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

平安の世より伝わるお香は、からだに優しく疲れを癒す効果があります。「お香」を生活の中に取り入れることで、日本の伝統文化の良さを体感して戴くと同時に 忙しい現代人の心を癒し、震災等で不安な日々を送る人々へも安らぎをもたらすことができれば、と願っています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

時代の推移とともにライフスタイルが大きく変化する中で、日本各地の伝統産業は徐々に衰退し、その中で匠の技や本物の良さというものが失われつつあります。今回「お香」という伝統文化を最新のパッケージ技術やデザイン力と融合することにより、日本の伝統文化に触れるきっかけづくりを試みました。日本人が永年培ってきた伝統文化の素晴らしさをもっと伝えていくことで、伝統産業の復興につなげていきたいと考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

パッケージに旭化成の最先端繊維素材の成型用不織布「スマッシュ」を使用しております。これは旭化成でも不可能であると判断したお香の複雑で繊細な形状を、墨田区の成型業者が試行錯誤の上、完成させました。日本の最先端素材と江戸時代からの物づくりの地「墨田」の職人技が融合したスカイツリー商品に相応しいパッケージになったと思います。ものづくりにおいて、その地域に触れることは非常に大事と考えております。

ユーザー・社会に伝えたいこと

お香という伝統文化が、最新のパッケージ技術やデザイン力と融合することで、現代人の感性に訴え、より生活の中に取り入れることで、日本の伝統文化の良さを体感してもらえることを期待しています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京鳩居堂スカイツリータウン・ソラマチ店ほか 東京鳩居堂銀座本店及び各支店 京都鳩居堂本店
東京ソラマチ

審査委員の評価

東京スカイツリーの商業施設に出展することを記念してつくられたお香の限定製品。既存のコーン型とスティック型のお香を組み合わせてカラフルなスカイツリーのアイコンをつくった、パッケージデザインが本領発揮した製品である。香りは「空」をイメージしたオリジナルであり、パッケージには繊細な成型が難しい素材をスカイツリーの地元、墨田区の成型業者が試行錯誤の上完成させるなど、つくり手の思いと物語が詰まったクオリティの高い製品である。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ