GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ウッド バタフライ [ウッド バタフライ]
事業主体名
プロペラ社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
プロペラ社 (東京都)
受賞番号
13G020149
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

バインダーは必要なページだけを残して、順番をあとでいくらでも入れ替えることが可能な編集機能を持つ非常に合理的で優れた文房具です。表紙が紙やビニール製だと短い期間しか使えないので、時を重ねると逆に味が出てくる、手に馴染んでくるそういうバインダーが出来ないものだろうか?という発想から誕生したのがこのwood butterflyです。問題は金属の蝶番(チョウツガイ)でした。木製のバインダーに金属の蝶番を使うと感触が悪いだけでなく、その部分から劣化が始まります。そこで着目したのが日本の木造建築や家具に伝統的に使われてる石畳組み接ぎでした。

プロデューサー

家永浩輔

ディレクター

家永浩輔

デザイナー

家永浩輔

詳細情報

http://www.wood-butterfly.jp/

発売予定
2014年1月1日
価格

6,000 ~ 8,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

さわりごこち。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

時間が経ち、触れることで味わいが出る文具の提案。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

Old is New.

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

使い捨てる。ではない発想のデザイン提案です。

ユーザー・社会に伝えたいこと

アンチエイジングよりもグッドエイジング。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

プロペラ社
wood-butterfly

審査委員の評価

薄い合板を用いた木製のバインダーである。蝶番の部分に日本の建築や家具に使われている伝統的な石畳組み継ぎという手法を用いた。細かいピッチで交互に重ねた羽根に細いピアノ線を通し上手く隠している。最初は硬い印象だが、作っていくうちに角が取れ丸く手に馴染む形に変化していくことは容易に想像できる。ステーショナリーとの新しいつきあい方を提案するデザインである。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ