GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
野球用バッティング手袋 [ゴールドステージ/BEG13S、BEG23S]
事業主体名
株式会社アシックス
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
株式会社アシックス (兵庫県)
受賞番号
13G010113
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

バッティング用手袋は試合・練習問わず打撃時に使用される。主な用途は汗などによる滑り防止や、インパクトでの衝撃緩衝であるが、高いレベルのプレーヤーからの要望についてはこれらに限られない。正確なバット操作を実現するために、手袋を着用することによる違和感を排除した「フィット性」が強く求められる。本製品は、バットをグリップした時の手の形に、手袋自体の形状を近付けた「立体構造」と、グリップ時に変形する手甲部皮膚の「ひずみ解析」を行い、変形の大きな部位には伸縮材を配置し手袋から受けるストレスを緩和することにより、従来は選手の感覚に頼りがちであった「フィット性」を理論的に実現した商品である。

プロデューサー

アシックスジャパン株式会社 ベースボール事業部 森貞樹

ディレクター

アシックスジャパン株式会社 ベースボール事業部 西村嘉文

デザイナー

株式会社アシックス スポーツ工学研究所 橋本雄二+アシックスジャパン株式会社 ベースボール事業部 河本勇真

詳細情報

http://www.asics.co.jp/baseball/products/hand/detail/~BEG13S&BS

発売
2012年11月
価格

2,625 ~ 7,350円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

立体的な裁断・縫製による、手袋本体の形状をグリップ時の手の形に近付ける工夫に加え、甲部の皮膚ひずみ量に応じた素材配置によるストレスフリー化で、「バットを握った時」に最もパフォーマンス発揮する設計となっている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来のバッティング用手袋は履いた状態でのフィット性を重要視して開発されたものが多く、プレーヤーにとって最も重要なバットをグリップした場面が想定されず、違和感が生じることが多かった。本製品では視点を変え、グリップした手の形状を基本として設計し、プレーヤーの使用環境に配慮した。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

フィット性を重視する野球用手袋市場の主流は、複数のベルトなどで締め付けてフィットさせる考えであるが、本製品は皮膚ひずみの解析結果から締め付けのないフィット性を実現させた。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

スポーツ用品メーカーとして常に機能的な製品づくりでプレーヤーを支え、個々の夢を応援し、スポーツマン精神の溢れる爽やかな社会づくりに貢献していきたい。

ユーザー・社会に伝えたいこと

バッターズボックスにおける一瞬の戦いを制するために、従来は当たり前となっていたスウィング時の違和感を排除した「フィットするデザイン」。努力によって培われた技術の100%を引き出すこのデザインは、同時に選手達に新しい可能性をもたらすデザインでもある。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の野球専門店ならびに大型スポーツショップで購入できます

審査委員の評価

バットを握る手の動きに対して、自然にフィットする立体設計が的確に施されている。手を握る際に伸びる部分と、縮む部分、膨らむ部分などを的確に分けた素材選びも繊細に行ったことが読み取れる。手は、身体の中で最も複雑な形状と動きを持ち、緻密なセンサーが働く部分であるため、縫製によって作られるプロダクトの中でも手袋は、極めて高い精度を求められるアイテムで日本人が本来得意とする分野だ。その点で、日本的感性が活きたクォリティに仕上がっている。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ