GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
クライミングシューズ [ラ・スポルティバ フューチュラ]
事業主体名
輸入卸
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
スポルティバジャパン (東京都)
受賞番号
13G010103
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

従来のクライミングシューズの世界ではでは当たり前とされていたソールについている「エッジ」部分を省略した「No Edgeコンセプト」を採用した革新的なクライミングシューズ。エッジを省略することで足と壁との距離を縮めることで優れた足裏感覚を持つ。よりテクニカルなクライミングに威力を発揮。

プロデューサー

ロレンツォ・ディラディオ

詳細情報

http://www.sportivajapan.com

発売
2012年6月
価格

19,740円 (2013年6月現在の価格)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

パワーを有効にホールドに伝えることで、難しい局面での体力と精神力の負担が少ないクライミングが可能。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

フィットネス効果の高い新しいスポーツとしてのクライミングの認知してもらえる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

イタリアのクライミングシューズの持つ高い機能性とデザイン性。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

体力、健康の維持、増強に役立てる。

審査委員の評価

ロッククライミングはシューズのエッジを利用して登るという定説を破る発想を用いたことで、エッジ角度に捕らわれない足の動きを可能にし、ユーザーの動きの自由度を広げたことを高く評価した。エッジをなくしたことで、岩壁と人とのインターフェイスを変えたと捉えた。足を入れた時にフィットする機能性と設計技術、細部に至るまで丁寧な生産技術、スタイリッシュなスタイリングともに素晴らしく品質が高い。技術とデザインによってユーザーが発揮する能力や楽しみの可能性が広がることは、物作りの最大の目的を達成したことになる。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ