GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
災害時対応シューズ [ソールバリアモック #03]
事業主体名
株式会社丸五
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
株式会社丸五 (岡山県)
受賞番号
13G010102
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

地震などの災害時に安全に避難するための履物。最小限のパーツを組み合わせたミニマムなデザインながら災害避難時に必要十分な機能を備えている。具体的には柔軟性の高い特殊繊維の耐踏み抜き材を内蔵し、足の自然な屈曲動作を損なわずにガラスや鉄片から足裏を保護。非常用持出袋での保管も想定しており、コンパクトに折りたたみと製品単体での両足結束が可能である。また履き口にストレッチ素材を使用、これにより3サイズのみで22.5〜29.0cmの範囲に対応可能であり、自治体や企業の備蓄においてもサイズの管理が容易である。

プロデューサー

大谷 公人 株式会社丸五 FW営業部

ディレクター

為房 純一 株式会社丸五 FW商品管理部 企画技術グループ 企画チーム

デザイナー

為房 純一 株式会社丸五 FW商品管理部 企画技術グループ 企画チーム

詳細情報

http://www.marugo.ne.jp/product/safety_shoes/sole_barrier_mock_03/index.html

発売
2013年3月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

●柔軟性の高い耐踏み抜き材を使用することにより、足本来の自然な屈曲を妨げずに歩行が可能。●靴紐を廃したスリッポン形状と履き口にストレッチ素材を採用、非常時であっても誰にでも履き易い。●コントラスト比の高いカラーリング及び反射素材を採用にすることで暗闇でも視認性が高い。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

●スリッパのように踵を踏んで履いても足にフィットする設計になっており、ルームシューズとして日常で使用可能。●折りたたんで1足結束できるため、旅行や出張用などのポータブルシューズとしても利便性が高い。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

●必要最低限のシンプルなパーツで構成されており、高い生産効率が期待できる。●他の靴に比べ、梱包サイズがコンパクトであり、輸送効率が高い。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

●災害時の帰宅難民が抱える、転倒や瓦礫による負傷などの問題を軽減することができる。●1サイズでの適合範囲が広いことで(Mサイズのみで25~27cmに対応可能)自治体などの災害時用備蓄に有利である。●搭載する耐踏み抜き材が金属ではなく化学繊維製のため、自治体によっては可燃ごみとして処理が可能。

ユーザー・社会に伝えたいこと

東日本大震災以降、日本国内での防災意識は着実に高まっていますが、避難時の履物の問題をはじめ、未だ対策は不十分であると考えられます。日常品としても使用可能な本商品をひとりでも多くの方に使用して頂くことで、日常生活の中で防災意識について少しでも考えるきっかけになることを願います。

審査委員の評価

東日本大震災発生時にハイヒールや革靴で避難し、多くの人が負傷したケースを踏まえ、防災用品としての靴、という着目点から解決策を見出したデザインである。柔らかさと丈夫さを、構造の工夫によって実現している点や、ポータブルシューズとしての日常使いを視野に入れたデザインも評価した。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ