GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
電子体温計 [オムロン 電子体温計 MC-681]
事業主体名
オムロン ヘルスケア株式会社
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
オムロン ヘルスケア株式会社 (京都府)
受賞番号
13G010087
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

つらい発熱時の検温を少しでも早く、安心しておこなっていただきたい、そんな想いから生まれた先代モデル「オムロン 電子体温計 MC-670 けんおんくん」を、アイデンティティはそのままに、より早く、より使いやすく進化させた。独自のナナセグの採用により数字の読みやすさも向上している。オムロンヘルスケアのデザインコンセプト「ヒトを想うカタチ」を代表する商品である。

プロデューサー

オムロン ヘルスケア株式会社 商品企画統轄部 統轄部長 荻野 勲

ディレクター

オムロン ヘルスケア株式会社 商品企画統轄部 デザインコミュニケーション部 部長 小池 禎

デザイナー

オムロン ヘルスケア株式会社+柴田 文江(デザインスタジオエス 代表)

詳細情報

http://www.healthcare.omron.co.jp/product/basic/215

発売
2013年9月2日
価格

2,500円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

「先が尖っていてわきが痛い」「子供の顔にあたってしまう」「衣服の中で測るときに大きすぎる」といった不満点を、フラットセンサーと丸みを帯びたコンパクトな形状で改善した。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

通園、通学前の毎日の検温や、つらい発熱時の検温は少しでも早く終わらせたいものである。短時間かつ安心して測れる体温計は、体温測定の負担をやわらげ毎日の健康管理に役立つ。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

毎日の健康管理に欠かせない体温計をより早く、安心して検温できるものへと進化させることで、体温計市場を活性化することができる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

本体のコンパクト化により、材料の使用量を低減している。また材料の一部に再生樹脂を使用し、環境への負荷を軽減している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

新しい商品に、新しいカタチを与えるばかりがデザインではないと考え、新製品という存在においてカタチが担う役割を考えた。新しいものが次々と生まれ消費される現代において、既存機種のフォルムを踏襲し、新製品として送り出すことは、勇気がいることであるが、ユーザーの立場で体温計を捉えると、このような進化の方がわかりやすく自然なことだと考えた。変わらぬ形で、これからもより多くの方々の健康に貢献してゆきたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店
オムロン ヘルスケア公式サイト

審査委員の評価

独自に確立したデザイン軸はそのままに、製品が人に近づくための進化を適切に歩んでいると評価した。新機種は測定時間の短縮、表示の読みやすさ、ブザー音の改良という基本機性能が向上している。前の機種は、機器にユーザーとの全く新しい関係性を宿し社会に与える影響が大きいデザインであった。今後もその軸がぶれることなく進化を続ける事を期待している。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ