GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
マッサージチェア [サイバーリラックス AS-960]
事業主体名
株式会社フジ医療器
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
株式会社フジ医療器 (大阪府)
受賞番号
13G010070
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「サイバーリラックス AS-960」は、マッサージチェアの新たな領域を創出する、フジ医療器最高峰モデルとなる新シリーズです。「サイバーリラックス AS-960」は、弊社最高峰のマッサージ機能を搭載するとともに、新たなシリーズの価値として、長時間での自宅における「休息」をご提案します。ベッド感覚のリラックスを生む新発想のリクライニングポジション「ベッドポジション」と併せて、業界初の30分の自動コース「ソムリエコース」を搭載し、至福の休息を味わうことのできる機能デザインに仕上げています。

プロデューサー

株式会社フジ医療器

ディレクター

株式会社フジ医療器 商品部 マーケティングG

デザイナー

酒井俊彦

詳細情報

http://www.fujiiryoki.co.jp/product/massagechair/as960/index.html

発売
2013年8月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

着座の際に、適度に座面から背中をマッサージチェアが支えてくれるデザインに仕上げています。また、リクライニング時には体の屈折変化に合わせて、前方に座部及び背部が連動してスライドし、なおかつ腕部が後方に追従するという独自のスライドリクライニング機構を採用しています。これにより、リクライニングの角度変化が起きても、体のズレがなく、マッサージポジションも変化しないデザイン性を実現しています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

大きなフットマッサージャーや、高機能を訴求するために求められる宇宙的なデザインなど、高機能マッサージチェアはインテリアとの整合性を取ることが難しい商品です。本製品はフットマッサージャーをアームレストで包み込み目立たなくするとともに、水平ラインを多用して家具(これらの多くは水平垂直で構成されています。)と視覚的になじむ外形を構成することで、室内に設置したときの違和感を大幅に低減しています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

スローハンド制御の安定した低速動作を実現することにより、体感者の体型や体圧に左右されることなく、人の手の様な低速でじっくりとしたマッサージが可能になりました。この機能は業界全体のレベルアップに繋がると自負しています。また、新しく提案するベッドポジションでのリラックス性と長時間コース「ソムリエコース」の融合は、マッサージチェアの新しい使い方の提案であり、新たな市場領域を創出し市場成長に貢献致します。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

アームレストが3パーツで構成されている構造は本製品のプロダクトライフサイクルを飛躍的に長くします。アームレスト上部と中央後方の化粧パーツは形状の変更が可能です。特に化粧パーツは形状とサイズを自由に変更できるので、これらの組み合わせにより、大きな金型変更を必要としない大胆なモデルチェンジが数世代に渡り可能となります。これは環境負荷の少ない開発を企画の初期段階で設定したからこそできたデザインです。

ユーザー・社会に伝えたいこと

AS-960は、住環境の変化や都会化が進む現代社会において、室内空間に調和するデザインを持ちながら、マッサージチェアの本来普遍的なニーズであるコリや疲れのケアに重点を置いた、マッサージチェアです。元来の普遍的なニーズに沿って、マッサージチェアができることの新たな可能性を追求することで、生活者が身体だけでなく心身共に、より充実した活力のある生活実現のサポートとして、お役に立てればと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店、フジ医療器東京ショールーム
フジ医療器 東京ショールーム

審査委員の評価

マッサージ専業メーカーにふさわしい機能面でのクオリティと、その高機能を声高に表立てず、全体を単色の落ち着いた色合いと、すっきりとした安定感のある造形でまとめあげた点を評価した。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ