GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
爪切りハサミ [GSA-05 つめきりはさみ  PSG-007 スリムニッパーつめきり]
事業主体名
株式会社グリーンベル
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
株式会社グリーンベル (大阪府)
受賞番号
13G010065
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

爪専用に作られたハサミです。「爪切りはさみ」(ネイルシザー)は、西洋ではマニキュアツールの一種として伝統的に使われてきましたが、その新しい形としていわゆる「ニッパー型爪切り」と同じ、バネで開閉をアシストするハンドル(エラストマー製)を採用しました。「指を入れるリング」部分を省く事で、使用者の手の大きさや指の太さが、操作性に影響を与える事を防ぎ、さらには「ハサミ型爪切り」の根本的な欠点である「使用者が利き手と反対の手で操作する時、極端に使いにくくなる事」をカバーしています。ハサミ型とニッパー型の長所を兼ね備えたネイルシザーです。

プロデューサー

株式会社グリーンベル 取締役会長 石田 潔

ディレクター

株式会社グリーンベル 企画管理部 次長 岡田康裕

デザイナー

株式会社グリーンベル 企画管理部 原 稔、井口美穂、奥西敦子

詳細情報

http://www.greenbell.net/

発売
1996年3月
価格

1,260円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ハサミ型爪切りには、切断時に爪に強い衝撃を加えず、爪の先端が薄い層に割れる「二枚爪」を防ぐ効果があります。ハサミ型爪切りを利き手と反対の手で操作した時に感じる強い違和感の原因は、ほとんどの洋ハサミが右利き用に作られているため、リングに入れる指にも右利き用ハサミをうまく開閉しょうとするクセがついているからでした。リングを省いてバネ付きのハンドルに代え、どちらの手でも同じ感覚で握れるようにしました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

サロンではなく、自分で自分の爪を手入れする「セルフネイル」は、雑誌などでもその方法が紹介されて広く浸透しました。いろいろなレベルの方々が使う道具には、初心者にはとっつきやすく簡単で、上級者にはテクニックが活かせるしっかりとした機能が必要であるとの考えから、本品は簡単で便利に使え、抜群の切れ味を持ちながら、ソフトな外観は使う人に安心感を与えます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

本品の各部品は最新の生産技術により造られていますが、誤差は生じます。1本1本異なる誤差を補正しながら、手作業で「調整」を行い、最後に切れ味を整えるのが、熟練した職人の技です。本品のハンドル同士の「合わせ面(接点)」の研削の跡はその証しです。「切れ味」には数値も寸法もありませんので、全て職人の手の感覚で仕上げています。最新技術と伝統の技の共存こそ「MADE IN JAPAN」であるという思いです。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

刃物におきましても海外大量生産から廉価品の大量販売、大量廃棄への流れは定着しています。ただ爪を切るだけの爪切りであれば価格も100円で充分かもしれません。しかし、長い目で見れば、安いものをむやみに買うよりも、良い物を長く使うほうが経済的で環境にもいいはずです。本当に良いものを造れば、大切に使い続けていただけるはずだと思いました。物を大切に使う心こそ本当のエコに通ずる心だと思います。

ユーザー・社会に伝えたいこと

刃物に一番大切なのは、切れ味であり、デザインもそれに裏付けられたものでなければなりません。それが「刀」から続く日本の刃物づくりの伝統であり、そこには人の心を豊かにしてくれるチカラがあるからです。低価格や高額なブランドで選ばれる製品があふれる中で、「日本の匠の技」を適正な価格で提供する事で、切れ味の良い刃物を使う爽快感を多くの人に味わっていただきたいと思いました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

「東急ハンズ」様の各店舗、全国有名ドラッグストアー

審査委員の評価

日本ではなじみの薄い爪切りばさみとニッパーの特徴を融合しようというチャレンジを評価した。機能性が高く、力が入りやすい。軽さもあり、使い心地も良好である。今後は全体の形状やサイズのバランスなどをさらに検証することでより使いやすい道具になることを期待したい。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ