GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
ベビー用紙おむつ [ムーニーエアフィット]
事業主体名
ユニ・チャーム株式会社
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
ユニ・チャーム株式会社 (香川県)
受賞番号
13G010059
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

子供用パンツ紙おむつ[ムーニーマンエアフィット]ベビー用紙おむつ[ムーニーエアフィット] は、2点をまとめて「グッドデザイン・ベスト100」1件の扱いとなります。

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

乳児のあるべき姿勢はC字で、お腹の中にいた状況に近づけことで赤ちゃんは安心してよく眠ります。従来の紙オムツはまっすぐ仰向けに寝た状態を基準に形状設計されていました。ムーニーエアフィットは乳児のC字骨格にあわせて立体的な構造をとり、締め付けずモレにくい紙オムツを実現しました。素材については赤ちゃんの身体に最も近い「肌着」として、全ての素材を生地のような質感になるよう、1つ1つにこだわりました。また、新生児の赤ちゃんがいる『柔らかな生活空間』になじむカラーと育児で疲れたママの気分を上げるデザインを追及しました。

プロデューサー

ユニ・チャーム株式会社 グローバルマーケティング本部 ベビーケアSBU アシスタントブランドマネージャー 長井千香子

ディレクター

ユニ・チャーム株式会社 グローバル開発本部 ブルースカイプロジェクト 部長 兼 技術開発部担当 彦坂年勅

デザイナー

ユニ・チャーム株式会社 グローバル開発本部 ブルースカイプロジェクト マネージャー 坂口智

発売
2013年4月23日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

骨格からまるい赤ちゃんの身体にぴったり合う、オムツでは世界で始めてのデザインです。通常、前身頃と後身頃の2面で構成されている一般的な紙おむつから、中央にクロッチをつけることでC字骨格の赤ちゃんに立体的にフィットするデザインを採用しています。また、クロッチがある事でオムツのつけ位置が正しいかどうかをママが直感的にわかり易くなっています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ママが紙おむつに求めることは、「モレずにカブレない」ことです。とても忙しい育児の中で、モレてしまうと大変なため、ママはオムツのテープをぎゅっとしめがちになり、赤ちゃんが苦しそう、といったジレンマを抱えています。今回のエアフィットはそんなママにとって、しめつけないのにモレ安心の価値が提供できます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

下着はミシンでパーツを組み立て、立体的な製品が作られる。オムツは平面のシートを積み重ねて作られるので、製品は平面であるが、超高速で生産できるメリットがある。両方の良いところを実現するため、伸縮シートの伸縮率を変化させダーツを作る方法を考案した。また、そのために3種類の伸縮シートを新しく開発した。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

フィット性を高め構造的にモレを防ぐことで、吸収機能を維持したまま資材の使用量を削減できた。その結果、「環境負荷低減」と「商品価値向上」の両方の厳しい基準をクリアした商品のみにつけることができる自社基準の「エコチャーミングマーク」を取得。大量消費型の生活消費財である紙オムツの資材量削減は、生産・輸送・使用・廃棄のトータルで環境負荷低減につながります。

ユーザー・社会に伝えたいこと

妊娠、出産と言う素晴らしい経験を経てかけがえない宝物を授かったママですが現在の母親たちは育児を正しくやりたいと言う意識が強く息ぐるしい育児になっています。『このおむつなら安心』とママが自信を持って赤ちゃんにつけてあげられるオムツの開発を目指しました。オムツの基本機能にこだわり、新米ママが見て触って直感的に理解できる『優しさ』と使った瞬間に違いを感じる『使い勝手の良さ』を目ゴマに作りこみました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ドラッグストア、専門店、GMS、SM等
ムーニー 公式ホームページ
ムーニー Facebook

審査委員の評価

業界をリードする企業の商品開発チームが、長年の研究結果を元に開発した改良型の紙おむつ。乳児特有のC字骨格から形状設計し直し、世界ではじめて立体構造を実現、モレや締め付けに対する機能性を格段に向上させた。赤ちゃんのことをきちんと見つめ直すことで生まれたデザインは、着けたときの心地よさにもつながっており、進化を目指し続ける姿勢を高く評価したい。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ