GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
子供用パンツ紙おむつ [ムーニーマンエアフィット]
事業主体名
ユニ・チャーム株式会社
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
ユニ・チャーム株式会社 (香川県)
受賞番号
13G010058
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

子供用パンツ紙おむつ[ムーニーマンエアフィット]ベビー用紙おむつ[ムーニーエアフィット] は、2点をまとめて「グッドデザイン・ベスト100」1件の扱いとなります。

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「ムーニーマンエアフィット」は、ママが紙おむつに対して重視する「モレない」「カブレない」ニーズに応えるために、赤ちゃんの肌を「しめつけない」のに、モレの原因となる「スキマをつくらない」といった相反する機能を実現した子ども用パンツ紙おむつ。

プロデューサー

ユニ・チャーム株式会社 グローバルマーケティング本部ベビーケアSBU 加藤尚輝

ディレクター

ユニ・チャーム株式会社 グローバル開発本部 丹治浩之

デザイナー

ユニ・チャーム株式会社 グローバル開発本部 商品開発部 橋本達也

発売予定
2013年8月
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

全国の小売店

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

「ふんわりぴたりギャザー」が繊細な赤ちゃんの足回りを優しく包みこむため、たくさん動いてもしめつけずに、モレの原因となるスキマを作りません。そのため、赤ちゃんの肌につくゴム跡を軽減しながら、モレをしっかりと防ぎます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

モレによる着替え、汚れた衣服の洗濯、掃除の手間が少なくなる為、赤ちゃんとふれあえる時間を今まで以上に創造する事ができます。また、ゴム跡がついてかわいそうといったママのジレンマも軽減することができます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

これまでおむつの型紙は2次元で表現する事が一般的でした。しかし「ムーニーマン」では、服のアームホールに袖を取り付ける時の縫製技術を応用し、「ふんわりぴたりギャザー」を吸収構造体に接着する際、接合部分にギャザーを寄せた状態で接着する事で、足回り寸法をコントロールしています。よって「ムーニーマン」では2次元型紙のおむつが3次元構成の衣服、下着に一歩近づいております。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

「ムーニーマン」ではおむつ製造の際に出るカットロスがゼロとなっている為、省資源化を実現する事ができております。また、ギャザーが当たり続ける構成の為、必要以上にギャザーを高くする必要がありません。よって履くときに足が引っ掛かりにくく、自身で着用しやすいので自立を促すことができます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

「最も履き心地がよく、漏れないパンツ型オムツ」を目指して製品設計を実施致しました。これまでに無いふんわりとした履き心地、見た目のすっきり感を赤ちゃん、お母さんに実感して頂くことにより、笑顔あふれる子育てを応援させて頂きたいと思っております。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国のスーパー、ドラッグストア
ムーニー 公式ホームページ
ムーニーFacebook

審査委員の評価

業界をリードする企業の商品開発チームが、総力を結集し、大きく改良を加えたパンツ式の紙おむつ。赤ちゃんの肌に対する満足度を追求するだけでなく、フィットする面積を倍増させることで、モレなどの問題を解消した。一見すると旧商品と大きな違いは見えないが、革新的構造を持つ非常に知的なデザインの一例である。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ