GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
マタニティボトムス [ベリーフィットパンツ]
事業主体名
マタニティ衣料・用品の企画製造販売
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
株式会社犬印本舗 (大阪府)
受賞番号
13G010056
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

妊娠初期から後期のおなか周りのサイズの変化に合わせて快適にフィットする調節機能を備えたマタニティボトムスです。おなかが大きくなる部分にだけ伸縮素材を使い、脱ぎ着がしやすいように二重構造になっています。さらに、両脇から腰にかけてワンタッチテープが付いているので簡単にサイズの調節ができます。腰の中心には体に沿うようにギャザーをよせて立体的にするなど、おなか周りにはマタニティ特有の体型に合わせた工夫を備えながら、脚は婦人服と同じ感覚で着用してもらえる設計になっています。

プロデューサー

マーケティング本部 取締役本部長 峯 幸弘

ディレクター

マーケティング本部 企画生産2課 池田 一彦

デザイナー

マーケティング本部 企画生産2課 青木 明子

発売
2010年9月15日
価格

4,935 ~ 17,850円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

妊産婦の体型変化はおなか周りに著しく、脚には大きな変化はありません。この商品は、おなか周りには日々のサイズ変化に適応する調節機能を付け、脚部分は一般婦人服と同じになっているので、家事や外出の時でも動きやすく、長時間はいていてもずれません。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

体型の変化などの理由で、妊婦さんは外出するのが億劫になりがちです。この商品は妊婦さんが外出する時の服装の煩わしさを和らげ、妊娠前と変わらないライフスタイルを続けてもらうサポートができる商品です。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

近年のマタニティ市場は少子化の影響もあり苦境ですが、この商品のような高付加価値商品が徐々に市場に浸透し始めたことで、提供するサービスが良ければユーザーの支持を得られるという認識が広がりつつあり、ゆくゆくは業界の活性化に繋がると考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

少子化が進む背景の一つに妊娠に対する不安や不満があり、この商品が解決できることは少ないかもしれませんが、妊婦さんの声をもとにした商品開発で、妊娠期間を豊かで快適なものにする商品を提供していくことは、少子化の抑制に貢献できると信じています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

この商品は着想から試作・検証・完成まで、ユーザーである妊婦さんのお声が基本となっています。開発途上の苦労はありましたが、最終試作品の試着をしてくれた全員に誉めていただけた時の喜びは忘れられません。妊婦のみなさん、この商品を是非はいてみてください。そして良さを感じてください。もし不満があったらお聞かせ下さい。そして一緒に改良版を作りましょう。みなさんの後に続く後輩ママのために。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国有名デパート、ベビーマタニティ専門店
犬印本舗ホームページ
犬印オンラインショップ

審査委員の評価

マタニテイライフでもシルエット、素材、着心地だけでなく、ファッション性を兼ね備えた衣服を求めたい。そんな声に対応したデニムのボトム。体型が急激に変化する際のサイズ対応、素材の機能面へ配慮と、さまざまな工夫が評価できる。今後は、腹部と脚部の分離感を解消する工夫を重ねることで、さらに魅力的なプロダクトになることを期待したい。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ