GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
おきあがり小法師 [3つのおきあがり小法師]
事業主体名
合同会社tecoLLC
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
合同会社テコエルエルシー (青森県)
受賞番号
13G010054
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「3つのおきあがり小法師」は、何度倒しても起き上がる姿に日本と世界経済の再生と安定の願いを込めて、2012年10月に東京都内で開催された、第67回国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会公式記念品として、日本政府から1万人を超える会議ゲストに贈られました。東北から、日本、そして世界経済がふたたび起き上がって回復するようにというメッセージを託した商品。

ディレクター

立木 祥一郎

デザイナー

對馬 眞

詳細情報

http://www.teco-llc.net/product/okiagari.html

発売
2012年10月17日
価格

5,040円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

三種類のおきあがり小法師が、それぞれ違った動きで、微笑みながら何度でもおきあがる姿が、見る人に癒しと希望を与える。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

強いメッセージ性とキャラクター性を持つ本商品が、復興のシンボルから、伝統と技術の新しいあり方として暮らしに溶け込み、日常生活での縁起物として暮らしに希望を与えること。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

おきあがり小法師を通して、福島、宮城、岩手の三県の伝統と技術、そしてそれぞれの持つ可能性を広く伝えること。伝統工芸のマーケットに、用途をもたず、マスコット的なキャラクターと動きをもったフィギュア的な新たな価値を創造し、新たなマーケットを開拓すること。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

復興、再生のメッセージと伝統技術が、おきあがり小法師の姿を通して伝わること。また、幅広い世代に受け入れられるキャラクター的な存在となり、福島、宮城、岩手の三県をはじめ、工芸、民芸、伝統技術などが世界的な訴求力を獲得すること。木の小法師の錘には、鉛ではなく銅を用いるなど環境への配慮を行った。

ユーザー・社会に伝えたいこと

おきあがり小法師というゆるく、用途がない製品が、伝統工芸に新たな価値をもたらすことを願います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

伊勢丹新宿店5F「大日本市」
teco web store
JCRAFTS
フリスト

審査委員の評価

震災から2年半が経過してもなお、被災地の復興への道のりは険しく、私たちの思いは募るばかりだ。この小さな3つの「おきあがり小法師」は、新たな息吹への期待感を呼び覚ます。福島、宮城、岩手の伝統的な素材である、紙、木、鉄。三県の伝統技術を伝える技術者たちの手により、この小さな形態に込めた思いが伝わってくる。それは多くの共感を得られることだろう。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ