GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
玩具菓子 [超変換!!もじバケる]
事業主体名
キャンディ事業部
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
株式会社バンダイ (東京都)
受賞番号
13G010049
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「超変換!!もじバケる」シリーズは、株式会社バンダイキャンディ事業部が、2010年5月から発売している、“一文字の漢字”を組み替えて立体的な動物に“超変換”することができるオリジナルの玩具菓子です。コンセプトの面白さや、漢字を遊びながら覚えることができる知育要素が人気となり、小学生男児を中心に、ホビー好きな大人まで幅広い層から支持を得ている商品で、シリーズ累計販売数が2013年5月時点で1,400万個を突破しました。 国内だけでなく、海外からもデザイン性の評価も高く、2011年にはバンダイ商品・玩具菓子として初めて、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品として認定されました。

プロデューサー

桐ヶ谷美沙子

ディレクター

三代昌宏

デザイナー

石塚繁

詳細情報

http://www.bandai.co.jp/candy/mojibakeru/

発売
2010年5月
価格

105円

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

スーパー・コンビニエンスストア等のお菓子売場

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

漢字を覚える為の一助となること、組み換えなど細かい作業を楽しみながやることで、手先の器用さを習得可能にしています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

楽しみながら漢字に触れられ、遊びながら学べる機会を提供できることは、教育的価値につながっているものと考えています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

特にございません。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

取扱説明書を排除し、PKG裏面に印字することで環境面への配慮を行っております。

ユーザー・社会に伝えたいこと

コンセプトを純粋に楽しむことが出来、集めやすい玩具菓子を目指しました。購入者の皆さんに楽しんで頂ければ幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国のスーパー・コンビニエンスストア等のお菓子売り場
超変換!!もじバケる バンダイ公式サイト

審査委員の評価

トイ付き菓子の人気は、昔も今も変わらない。「超変換もじバケる」は、子供たちに人気の知育玩具菓子である。プロダクトの特徴はまず、ネーミングのユニークさと親近感が大きな役割を果たしており、複雑な構造を持つ漢字が動物になるという発想を、素朴な素材を使い、カラフルに、グラフィカルに表していて、完成度が高い。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ