GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ストール [イト フレア フォー]
事業主体名
株式会社工房織座
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
株式会社工房織座 (愛媛県)
受賞番号
13G010033
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

愛媛県今治で織りの新しい可能性を追求する「工房織座」のストールシリーズ。工房織座では、廃棄同然に扱われていた昭和初期製の低速織機を全国から集め、解体・復元・改造し、世界で唯一のオリジナル織機「着尺一列機」を完成させました。FLARE FOURシリーズは二枚以上の織物を重ね織る「多重織り」の技法を駆使し、つづられた筒状の織物から4枚に広がる独創的なストール。風になびく躍動的なシルエットが特徴で、様々な身に着け方をアクセサリー感覚でお楽しみいただけます。日々の生活の中で広がるカラーを、揺らめき、未来への広がりをテーマに表現しました。

プロデューサー

株式会社工房織座 武田正利、武田英里子

ディレクター

スプレッド

デザイナー

スプレッド

詳細情報

http://ito.oriza.jp

発売
2013年1月
価格

13,650 ~ 26,250円

販売地域

日本国内向け

設置場所

工房織座FACTRY SHOP,新宿伊勢丹本館5F大日本市など

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

このストールは、4枚の織物が美しく首元で揺らめくデザインであり、巻く結ぶなどの難しい技法を使わず、筒状の部分に首を通すだけで、簡単に美しく身にまとえます。「スヌード」のような使い方であるため、身に着けていて落ちる心配がありません。天然素材である綿麻を使用した無縫製の織物なので、肌触りがよく、また、コンパクトなサイズであるため、首に負担を感じることなく軽やかなストールに仕上げました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

紫外線対策はもちろん冷房対策などで使うことができます。特殊な形をしているため、アレンジも多様で、4枚がかさなりあうボリュームある着こなしや、コンパクトにまとめた身に着け方、頭に巻いたアレンジなど、バリエーションは多様です。また表に出す色を変えることで、毎回異なった身に着け方を楽しむことができます。首にまとった時のふわっとした4枚の色合いが美しく、ファッション性の高い着こなしができます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

工房織座では廃棄処分されガラクタ状態であった日本製の織機を譲り受け、復元、改造し、独自の織物が作られる世界で一つの織機に仕上げました。これらの織機は希少性が高く、工房まで見学に来られる方も少なくありません。改造することで表せる特殊な織り技法、そして手織りのようなあまやかな風合いを堪能でりきます。タオル産業の盛んな今治の土地で、原点に立ち返る織り技術から、新しいものづくりを提案しています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

着尺一列機により一枚ずつ、無縫製で作り上げています。無縫製であるため、余分な糸や、はぎれなど出さない、無駄のないエコなものづくりをしています。また糸は、海を汚すことのない天然の素材を使っています。マフラーの仕上げでもあるフリンジの処理などは、主婦の方、または障がい者の方に依頼し、地元の仕事の創造を図っています。織物の原点である織機から、新しい商品を生み出すことで、高度な技術を未来に繋げています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

約100年前のレトロな織機を使っていますが、昔の機会だからこそ表現することのできる織物があります。決して大量生産はできませんが、一枚一枚心をこめて作り上げていますので、やわらかく肌あたりのいい、そして個性のある独創的な織物に仕上がります。これからも新しい織物を追及し、使われる方を楽しくさせることのできるストールを作り続けます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

工房織座FACTRY SHOP、新宿伊勢丹5F 大日本市、今治極上手巾 伊織、rumoasなど
工房織座 オンラインショップ
ITO ホームページ

審査委員の評価

日本の伝統的な染織技術を、現代生活でもっと活用しようと活動を続ける「工房織座」の新しい取り組み。織物の構造を知り尽くした技術者の、創意工夫で仕上った「多層織り」である。かつては帯織機として活躍していた小幅力織機でしかできない織物は、日本の伝統を守りつつ、新たな挑戦と提案を感じさせ、デザインには提案性、時代性が重要であることを気付かせてくれる。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ