GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
自然換気対応型カーテンウォール、サッシ [ARM-S@NAV(アームスアットナビ)]
事業主体名
三協立山株式会社 三協アルミ社
分類
公共領域のための機器・設備
受賞企業
三協立山株式会社 三協アルミ社 (富山県)
受賞番号
12GC10972
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ARM-S@NAVは、独自の技術により自然の風を建物に取り込み、自然換気の駆動力である「風力」「重力(温度差によって生じる気圧差)」を利用して効率的な換気を行う自然換気商品群です。Fix窓からも風を採り入れる事が出来、あらゆる建物の様々な条件下で自然の風を取り込むことができる機構として、『一面換気』(壁面に沿って流れる風をとらえる事を可能とした機構)、『定風量機構』(室内へ入る風量をコントロールする機構)を備えています。特に『定風量機構』の方立部への搭載は、日本で初めての仕様です。

プロデューサー

三協立山株式会社 三協アルミ社 ビル事業部 ビル建材部 平能正三+株式会社プランツアソシエイツ 宮崎浩

ディレクター

三協立山株式会社 三協アルミ社 技術開発統括部 商品企画部 本川透

デザイナー

株式会社プランツアソシエイツ 宮崎浩、齊藤要+三協立山株式会社 三協アルミ社 技術開発統括部 商品企画部 環境商品推進課 堀剛文/商品企画課 朝内文博

詳細情報

http://www.arm-s.net/dseries/

発売
2011年9月1日
価格

307,000円 (ARM-S Uシリーズ,Fix窓(W=1000,H=2400,2連)+定風量換気スリット付方立の製品価格)

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

日本国内及び、台湾

問い合せ先

三協立山株式会社 三協アルミ社 ビル事業部
URL: http://www.arm-s.net/dseries/

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

四季を通じて吹く「自然風」を有効に利用する為、継続して安定した性能・効果を発揮しますので、より多くの建物に、自然換気による省エネ性と流れる風の心地良さを広める事でサステナブル社会の実現にお役に立ちたい。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

心地良い自然の風を肌で感じること、又定風量機構で不快に感じる強風を制御することにより、在室者への良好な心理的効果を与えます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

竪型重力換気機構により、夏場不在時でも、セキュリティを保ちつつ自然換気によって室内の熱溜りを解消します。又、スリムなフレームにより、室内からの眺望性が高まります。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

ビル建築における空調設計に「自然換気」という新たな切り口を提供でき、建築業界の活性化につながります。又横型換気機構の採用で、オフィスにおいては夜間の冷気を取入れる『ナイトパージ』の活用が図れ、空調立上げ時の省エネに効果を発揮します。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

空調エネルギーを削減できるサステナブルな自然換気装置は、これからの節電型社会のお役に立てると考えます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

大掛かりな設備で全てをコントロールするのでは無く、自然の風をありのまま取入れて自然との共生を図る事で、サステナブル型社会実現の貢献に少しでもお役に立ちたい。又、自然風による「心地良さ」や「やすらぎ」といった心理的効果を感じて頂ける「地球に優しい建築」の普及貢献に、少しでもお役に立ちたい。

審査委員の評価

全ての生物は皮膚呼吸しているのに、人間の住む空間は何故外気を遮断し閉じこもろうとしているのか、それがずっと疑問であった。その疑問を解決してくれたのがこの自然換気対応型カーテンウォール・サッシだ。これによって風を感じ呼吸する建物が可能になった。あくまで建物が機械に頼らずに自然に皮膚呼吸する。風の強弱や向きなどの条件を超えて「壁面に沿って流れる風」を一定風量で取り入れる機構(一面換気+定風量機構)の開発によって、それを可能にしている。環境負荷の低減やサッシ業界に活力を寄与すると同時にこの建物の中では、人間は再び生き物に還れる。まさに今後のビルサッシの標準となり得るであろう。

担当審査委員| 南雲 勝志   大島 礼治   黒川 玲   手塚 由比   堀井 秀之   森田 昌嗣  

ページトップへ