GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
書架 [スマートスタイルI]
事業主体名
株式会社イトーキ
分類
公共領域のための機器・設備
受賞企業
株式会社イトーキ (東京都)
受賞番号
12GC10961
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ミニマムに構成された線と面が生み出す、本の装丁や図書館空間の演出を阻害しない、シンプルなデザイン。ハニカム構造と機能性の追及から生まれた削ぎ落としたデザインとは対照的に、多くのファンクションを兼ね備え、図書館空間と書物が持つ豊かさを最大限に活かすことができる書架システム、それがSmart Style Iです。

プロデューサー

株式会社イトーキ 営業本部 営業戦略統括部 市場別推進部官公庁推進室 堀部 英司

ディレクター

株式会社イトーキ 生産本部 商品開発統括部 設備機器商品企画部 井和丸 宏

デザイナー

三上建築事務所 益子一彦

発売
2011年7月
価格

112,035 ~ 500,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

環境に優しいペーパーハニカムを採用し、省資源かつ堅牢な構造を実現しました。また長期的に使っていただく為、あらゆるサイズの書籍に対応できるように様々な構成を標準パーツで可能にしています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

デザイン面の一番の特徴は、スリット入りパネルによる薄さを際立たせたことです。またバリエーションの中心となる高さ1500㎜の書架は、図書館の利用者に対し開放的な空間を演出します。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

棚板は同じ部材のまま位置を前揃え・後詰めに設置が可能になっており、しかも傾斜設置も可能なマルチパフォーマンスを実現。また天板や地板を持たないデザインの書架は、様々な書籍を美しく配本する事ができます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

芯材にペーパーハニカムを用い軽く強固な構造とし、安全性は耐震振動実験において実証済です。また奥行き450㎜幅900㎜の基本寸法は建築モジュールとマッチし、建築物と一体感のある空間設計を可能としています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

背板・側板・棚板だけのシンプルな部品構成で管理しやすい書架です。組み立てる手間を省き、過剰な部品パーツのコスト削減を実現しました。棚板の追加等に対応しやすく、運用にも優れています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

モノは私たちの生活環境を充実させるためにあると同時に、モノが私たちの生活のあり方を誘発します。食器と料理の関係と同様に、書架はそれ自体が主役ではなく、本をはじめとする資料が主役となるためのものです。

審査委員の評価

図書館は年々増える書籍の保管が最大の課題と言えます。この書架「スマートスタイル」はペーパーハニカムの採用によって軽量化と高強度が両立し、主要構成材を極限まで薄く実現している。基本構成は側板と背板のみで構造体を維持し、棚板は簡単に角度が変更できることで多様な収納と展示が可能となっている。また、棚板の奥側に十分な隙間を取ることで空気の対流が生まれ、書籍の湿気防止と埃の溜まりを防ぐ効果がある。図書館は棚に並ぶ書籍が主役であるということを充分に理解した製品と評価した。

担当審査委員| 南雲 勝志   大島 礼治   黒川 玲   手塚 由比   堀井 秀之   森田 昌嗣  

ページトップへ