GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
卓上型ウォッシャーディスインフェクター [AR-40]
事業主体名
サラヤ株式会社/株式会社ネオシス
分類
研究・教育・医療のための機器・設備
受賞企業
サラヤ株式会社 (大阪府)
株式会社ネオシス (埼玉県)
受賞番号
12GC10934
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

医療施設における使用済み医療器具の洗浄・消毒を目的とした器具除染用洗浄器です。全ての工程は全自動で制御され、洗浄・消毒における品質の安定、二次感染の防止、作業従事者の安全と省力化をもたらします。「軽量・コンパクトで低価格」、「簡便な操作性」、「100V電源接続、給水接続も簡単で設置場所を選ばない」といった特徴により、設置スペースや機器導入イニシャルコストの問題で導入に対して消極的であった小規模病院や歯科医院でも導入しやすくなっています。なおかつ熱水消毒におけるISO最高基準Ao値12000までを満たすハイレベルな性能で、確実な洗浄・消毒を実現します。

プロデューサー

企画-亀田雄史(サラヤ株式会社)

デザイナー

プロダクトデザイン-新谷尚生(サラヤ株式会社)/グラフィックデザイン-梅本正稔、松原未来(サラヤ株式会社)

発売予定
2012年12月19日
価格

800,000円 (定価)

販売地域

日本国内向け

設置場所

病院・歯科医院等

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

環境影響の低減において、使い捨てにされるカートリッジ式洗浄剤の容器はその重量が最小であり、使用後に廃棄する際は容器側面のリブに沿って折りたためるので、ゴミ容積が削減されます。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

本製品は、使用済みの医療器具を手洗いする場合に発生する恐れのある二次感染を防ぎます。価格や設置スペースの面でも導入しやすく、小規模の病院や歯科医院での安全性向上に貢献します。また、運転中は庫内で熱水が循環する工程があり、その状態で扉を開放されると危険です。扉の開放には運転を中止するアクションが必要で、運転が中止されない限り扉は開きません。そのアクションは視覚的・感覚的に分かりやすくしています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

医療器具の汚染リスクレベルによっては、洗浄・消毒の次に乾燥、滅菌工程を経る必要があります。本製品の洗浄槽内は一般的な洗浄バスケットが上下2段に収納出来るよう設計されており、洗浄・消毒の済んだバスケットをそのまま次工程に持ち込むことが可能で、業務効率の向上が図れます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

本製品では、厨房機器メーカーの技術の延長に洗浄剤メーカーの液剤製品や市場要望を融合させることで医療機器の製造を実現しています。異業種メーカーがノウハウを持ち寄ることで、単体で開発した場合よりもスケジュール短縮やコスト低減が行えることとなり、またそれぞれの業態の市場拡大にもつながります。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

自動洗浄機は医療従事者の二次感染リスクの低減や切創事故の回避、作業時間の削減を提供します。導入しやすい洗浄機が広く普及することにより、肉体的にも精神的にも重労働となっている医療従事者の負担軽減に寄与します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

開発時に医療現場の声を細かく取り入れた結果、非常に高機能な医療器具用洗浄機となっています。ひるがえって、いかにも機械的で業務用的な機器のイメージを脱し、操作がシンプルで親和性の高い佇まいとなるようデザインしました。医療従事者の方々がこの洗浄機を使うことで身体的・精神的な負担が減り、ひいては患者さんの利も得られるようになればと思います。

審査委員の評価

これは、医療施設における使用済み医療器具の洗浄や消毒を目的とした卓上型の除染用洗浄器である。軽量かつコンパクトで、設置も簡単で場所をとらない設計であり、これまで導入に消極的だった小規模病院や歯科医院でも導入が可能なものとなっている。全ての工程は自動化されており、インターフェースも限りなくシンプルで、清掃性も高く、安心して使用できる仕様である。シンプルで、コンパクトな、清潔感のあるデザインの代表的事例といえよう。

担当審査委員| 山村 真一   國澤 好衛   馬場 了   村上 存   山本 秀夫  

ページトップへ