GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
オフィス [田園オフィス]
事業主体名
株式会社都工業
分類
産業領域のための空間・建築・施設
受賞企業
AUAU建築研究所 (愛知県)
株式会社都工業 (愛知県)
受賞番号
12GB10866
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

人材育成、ネットワークづくりをする会社の本社機能を豊田市の田園風景の中に配置し、ホームグラウンドとしてのデザインを行いました。壁による空間分節ではなく、天井の凸凹の形状がつくる縦糸と床の凹凸や照明がつくる横糸のはざまで、環境としての空間把握をして居場所を自ら選択します。そこに、家具の配置、情報の集積、話し合いの拠点が関係してはたらく場面が発生し決定され、アクティブに活用されます。

デザイナー

AUAU建築研究所 鵜飼昭年+TAPS 田口雅一+ヤマギワ株式会社 飯塚邦一

詳細情報

http://homepage2.nifty.com/AUAU/home/WORK/HOUSE/STOCK/MYC/MYC_index.htm

利用開始
2012年5月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

愛知県豊田市清水町二丁目79番1

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

全体を大きなワンルームにすることで大きな梁が必要となりましたが、その材料として愛知県産の木材による大断面集成材を今回制作しました。外壁の木材も愛知県産を用い、地産地消を心がけました。また、屋上を緑化し環境やエネルギー問題に貢献すると同時にそこを見たり管理することでワーカーや地域の人に意識を喚起するものとしました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

仕事をするうえで、リラックスしながら集中したり、自ら働くシーンを選択し、コミュニケーションを図ることは重要です。人間が注視するシーンと無意識的な環境の認識を連続的に行っていること、そして身体が直接感じる高低差や触感などを考慮して梁、照明器具、床の段差、家具の配置と方向をデザインとして提供しました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

近隣には小学校や公園があり、多くに人が近くを通ります。魅力的な建物やランドスケープを提供することで、デザインや環境に対して興味を抱く子どもや住人が少なくありません。郊外の田園において凛として知的な空間が誕生し営まれることは地域に住人の生活に活力を提供します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

製造業の人材派遣やはたらくモチベーションを触発する空間はこのオフィスで働く人だけでなく、ここから派遣され、ここで知識や考え方を学んで仕事に活かす人材が育っていく空間としてもデザインされています。今後のさらなる創造的な産業を支える人材をはぐくむアクティブな空間として貢献します。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

愛知県産の木材を加工して大断面集成材を作成し、構造体として使用することで、地産地消を実現しウッドマイレージを減らしています。さらに屋上緑化や木製サッシやペアガラスによって温熱環境の改善に貢献しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

田園地帯でオフィスを構えることは非効率的だと考えがちですが、都市のスケールが決して大きくない地方都市において利便性は確保できる。その上で、田園を臨みながら、大きな屋根と庇の下の、アクティブで自由な空間において人間性を失うことなくはたらくことができます。こうすることで人間が本来持つ能力をリラックスしながら発揮できると考えます。

審査委員の評価

愛知県豊田市にある田園の中に建つオフィス。県産の木材を加工して大断面集成材を作成し構造体と使用している。地域に根ざした人材育成、ネットワークづくりを事業としており、利便性は確保されている。平屋で開放的、屋上の緑化を含め室内外全体がランドスケープとして捉えられているところが評価された。田園の中のオフィスという企画、それ自体が魅力的である。

担当審査委員| 千葉 学   乾 久美子   北山 恒   廣村 正彰  

ページトップへ